“It’s been a while” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

“It’s been a while” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

英語の日常会話でよく出てくる It’s been a while

この記事では、

  • It’s been a while“が使用される状況・タイミング
  • 実際に”It’s been a while“が使われるときの会話例
  • It’s been a while“を効果的に使うコツ

を幅広く解説していきます。

マンガを使った説明や日常会話での例文、さらにはYouGlishを用いた実際の使い方も紹介するので、このフレーズの理解を深めていきましょう。

この記事を読むことで、「It’s been a while」というフレーズの使い方が明確になります。また、類似表現との違いも理解することで、より柔軟に英語を使いこなすことができます!

イチロー
イチロー

このフレーズをマスターすれば、英語での表現力がアップします。ぜひ最後まで読んで、日常英会話に役立ててください。

“It’s been a while” の基本的な意味

“It’s been a while” の直訳と基本的な解釈

It’s been a while” を日本語に直訳すると「しばらく経ちましたね」となります。この表現は、相手と久しぶりに会ったときや、しばらくしていなかったことを再開するときなどに使われます。

It’s been a while” は、友人や家族、同僚など、親しい間柄の人に対して使うのが一般的です。久しぶりに再会したときや、しばらく連絡を取っていなかった人に連絡するときなどに、「ご無沙汰しています」「久しぶり」といった意味合いで使われます。

最初のIt’sを除いて “Been a while” ということもできます。

“It’s been a while” を省略して “Been a while” と言うタイミングは、親しい間柄での会話に限られます。

カジュアルな雰囲気の会話では、”It’s been a while” を省略して “Been a while” と言うことがあります。例えば、SNSでのチャットや、友人との気軽な会話などです。

ただし、”It’s been a while” がすでにカジュアルな表現で、さらに崩している”Been a while” はフォーマルな場面や初対面の人との会話では使用しないようにしましょう。

また、書き言葉の場合も、省略形ではなく “It’s been a while” と書くのが一般的です。

イチロー
イチロー

It’s been a while でもbeen a whileでもOK!

“It’s been a while”はどんなときに使う?

“It’s been a while” は、久しぶりに会う人に対して使うフレーズです。例えば、久しぶりに友人や同僚に会ったとき、または長い間訪れていなかった場所に行ったときに使います。このフレーズは、過去に何かをしてから時間が経ったことを表現するための便利な方法です。

例えば、久しぶりに好きなレストランに行ったとき、「It’s been a while since I last came here.」と言います。また、旧友に再会したときには「It’s been a while since we last saw each other.」と表現します。このように、日常の様々な場面で活用できます。

“It’s been a while” を使うときの注意点

“It’s been a while” を使う際には、いくつかの注意点があります。まず、このフレーズはカジュアルな表現なので、フォーマルな場面では避けた方が良いです。ビジネスの場や正式な会話では、もう少し丁寧な “It has been a long time” などの表現を使うことをお勧めします。

また、このフレーズは時間の経過を示すため、具体的な時間を明示する場合は「since」を使います。「It’s been a while since…」のように続けることで、いつからの時間が経ったのかを明確にすることができます。たとえば、「It’s been a while since we last met.」とすると、最後に会った時から時間が経っていることが伝わります。

このように、適切な状況と文脈で使うことで、「It’s been a while」は自然で効果的なコミュニケーション手段となります。英語の会話を楽しむために、このフレーズをうまく活用してください。

イチロー
イチロー

“It’s been a while”は、使うシチュエーションをしっかり考えて使うようにしましょう!

実際の会話での”It’s been a while” の使い方

マンガでフレーズ解説

マンガのワールドトリガーの英語版でも”(It’s) been a while“が使用されています。

これはユウマが木虎に対して「Been a while (久しぶり)」と言っているシーンです。

ここでは、「ひさしぶり?」という意味で省略した形の(It’s) been a whileが使われていますね。

イチロー
イチロー

マンガで実際にフレーズが使われるのを見るのは勉強になりますね

日常会話での例文

It’s been a while」を使った日常会話の例を以下に示します。

使用する状況: 友人と久しぶりに電話で話す場合

例文(英語): “Hey, it’s been a while since we last talked. How’s everything going?”

日本語訳: 「ねえ、最後に話してからしばらく経ったね。何か変わったことある?”

使用する状況: 長い間訪れていなかったお気に入りのレストランに入った時

例文(英語): “I haven’t been here in so long, it’s been a while since I enjoyed your cooking!”

日本語訳: 「ここに来るのは本当に久しぶりで、あなたの料理を楽しむのもしばらくぶりだね!”

使用する状況: 以前よく一緒に映画を見ていた友人と久しぶりに映画館で会った時

例文(英語): “It’s been a while since we last caught a movie together. Let’s not wait so long next time.”

日本語訳: 「一緒に映画を見てからしばらく経つね。次はこんなに間を空けないようにしよう。”

YouGlishで”It’s been a while” の使用例を見る

YouGlishでは、英語のネイティブスピーカーが実際にこのフレーズをどのように使っているかを聞くことができます。さまざまな状況での使用例を通して、フレーズのニュアンスをより深く理解することが可能です。

どのように発音しているかもわかるので参考にしてください。

“It’s been a while” を効果的に使うコツ

“It’s been a while” を効果的に使うコツは、以下の3点です。

親しい間柄の人との会話で使う

“It’s been a while” はカジュアルな表現なので、親しい友人や家族など、親しい間柄の人との会話で使うようにしましょう。

久しぶりに会った時や何かを再開する時に使う

“It’s been a while” は、「久しぶり」や「しばらくぶり」というニュアンスを伝える表現です。久しぶりに会った時や、しばらくしていなかったことを再開する時など、状況に合わせて使うようにしましょう。

感情を込めて話す

“It’s been a while” には、「久しぶりで嬉しい」や「また会えてよかった」といった感情が含まれています。相手にこの気持ちを伝えるために、笑顔で話したり、声のトーンを明るくしたりするなど、感情を込めて話すように心がけましょう。

これらのコツを意識することで、 “It’s been a while” をより自然に、効果的に使うことができます。

イチロー
イチロー

このようなコツを活かしながら、It’s been a whileを効果的に使っていきましょう。

“It’s been a while” の類似表現

“It’s been a while” と意味が似ている様々なフレーズを紹介します。

Long time no see

意味:非常に長い時間、会っていなかったことを表します。

例文:“Long time no see! How have you been?”

日本語訳:「久しぶり!元気だった?”

It’s been ages

意味:「かなりの長い時間が経った」という意味で、非常に長い間何かが起こっていないことを表します

例文:“It’s been ages since we last met.”

日本語訳:「最後に会ってから随分長い時間が経ったね。”

It’s been forever

意味:非常に長い時間、何かが起こっていなかったことを強調するために使います

例文:“It feels like it’s been forever since we last went out.”

日本語訳:「最後に外出した時から、まるで永遠のように感じるね。”

It’s been too long

意味:何かが起こってからあまりにも長い時間が経ってしまったと感じる場合に使います

例文:“It’s been too long since our last catch-up.”

日本語訳:「前回の連絡からあまりにも長い時間が経ってしまったね。”

Haven’t seen you in a while

意味:しばらくの間、誰かに会っていないことを表します。

例文:“Haven’t seen you in a while, what’s new with you?”

日本語訳:「しばらく会ってなかったね、最近どう?”

これらの表現は日常会話でよく使われ、特に友人や知人との親しみを表す際に有効です。

“It’s been a while” の意味と使い方【英語フレーズ解説】のまとめ

“been a while”は、ある出来事や行動から現在までにかなりの時間が経過したことを表現する便利なフレーズです。直訳すると「しばらくの間〜だった」という意味になり、過去のある時点から現在に至るまでの期間を表現しています。

このフレーズは、久しぶりに友人や知人と再会したときの挨拶や、しばらく行っていなかった活動や趣味を再開するとき、誰かと連絡を取っていなかった期間について話すときなどに使われます。使うときは、適切な状況で過去形で用い、カジュアルな会話の中で自然に使うことが大切です。

また、”been a while”と同じような意味を持つ表現には、”long time no see”、”it’s been forever”などがあります。状況に合わせて、これらの表現を使い分けることで、英語での会話力がさらに向上するでしょう。

“been a while”を適切に使いこなすことで、英語でのコミュニケーションがより自然で親密なものになります。このフレーズを日常会話に取り入れて、英語力アップを目指しましょう。

No.1 ビジネス特化型オンライン英会話     Bizmatesが今なら初月50%OFF!!
まずは無料体験レッスン
\今なら初月50%OFF/
No.1 ビジネス特化型オンライン英会話のBizmates
まずは無料体験