“what have you been up to” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

“what have you been up to” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

英語の日常会話でよく出てくる what have you been up to

この記事では、

  • what have you been up to“が使用される状況・タイミング
  • 実際に”what have you been up to“が使われるときの会話例
  • what have you been up to“を効果的に使うコツ

を幅広く解説していきます。

マンガを使った説明や日常会話での例文、さらにはYouGlishを用いた実際の使い方も紹介するので、このフレーズの理解を深めていきましょう。

この記事を読むことで、「what have you been up to」というフレーズの使い方が明確になります。また、類似表現との違いも理解することで、より柔軟に英語を使いこなすことができます!

イチロー
イチロー

このフレーズをマスターすれば、英語での表現力がアップします。ぜひ最後まで読んで、日常英会話に役立ててください。

“what have you been up to” の基本的な意味

“what have you been up to” の直訳と基本的な解釈

What have you been up to” を直訳すると「最近何をしていたの?」となります。

このフレーズは、過去の一定期間において相手が何をしていたかを尋ねる表現です。例えば、久しぶりに会う友人に「最近どうしてた?」と聞くときに使います。このフレーズには、相手の近況や最近の出来事について知りたいという気持ちが込められています。

What have you been up to”は、親しい間柄での会話に使われることが多いです。ビジネスシーンではあまり使われないため、友人や家族、親しい同僚などとのカジュアルな会話に適しています。

イチロー
イチロー

What have you been up to はカジュアルな表現です!

“what have you been up to”はどんなときに使う?

What have you been up to” は、しばらく会っていなかった人に対して、その間に何をしていたかを尋ねるときに使います。例えば、長い休暇後や仕事が忙しくて会えなかったときなどに、このフレーズを使います。相手が最近どのように過ごしていたか、どんなことをしていたかを知るための質問です。

また、相手の興味や趣味について話を広げたいときにも使えます。この質問をすることで、相手が最近始めた新しい趣味や取り組んでいるプロジェクトについて話すきっかけを作ることができます。これにより、会話が弾みやすくなります。

例えば、友人と久しぶりに会ったとき、「What have you been up to?」と聞くことで、相手の近況を知るだけでなく、会話の糸口を見つけることができます。相手が新しい趣味を始めた場合、その話題でさらに話が広がります。

“what have you been up to” を使うときの注意点

What have you been up to” を使うときには、相手との関係性を考慮することが大切です。親しい友人や家族との会話では問題ありませんが、ビジネスシーンやあまり親しくない相手には使わない方が良いでしょう。

カジュアルすぎる印象を与える可能性があるため、ビジネスシーンでは「How have you been?」などのよりフォーマルな表現を使うことをおすすめします。

また、このフレーズを使うときには、相手のプライバシーにも配慮する必要があります。例えば、あまり親しくない相手に対してプライベートな質問をするのは避けるべきです。相手が答えたくないことを無理に聞き出すようなことは避けましょう。

適切な場面でこのフレーズを使うことで、自然な会話の流れを作りやすくなります。相手が話しやすい雰囲気を作るためにも、タイミングや相手との関係性を考慮しながら使うことが大切です。

イチロー
イチロー

“what have you been up to”は、使うシチュエーションをしっかり考えて使うようにしましょう!

実際の会話での”what have you been up to” の使い方

マンガでフレーズ解説

マンガのワールドトリガーの英語版でも”what have you been up to“が使用されています。

これはユウマがジンに対して「You haven’t been around. What have you been up to (最近いなかったけどどうしてたの?)」と言っているシーンです。

ここでは、「最近何しているの?」という意味でwhat have you been up toが使われていますね。

イチロー
イチロー

マンガで実際にフレーズが使われるのを見るのは勉強になりますね

日常会話での例文

what have you been up to」を使った日常会話の例を以下に示します。

使用する状況:友人と久しぶりにカフェで再会した時。

例文(英語):“Hey! Long time no see! What have you been up to?”

日本語訳:「やあ!久しぶり!最近どうしてたの?」

使用する状況:同窓会で昔のクラスメートに会った時。

例文(英語):“It’s been so long since high school! What have you been up to all these years?”

日本語訳:「高校以来だね!この何年間どうしてたの?」

使用する状況:会社の同僚が長期休暇から戻ってきた時。

例文(英語):“Welcome back! What have you been up to during your vacation?”

日本語訳:「おかえり!休暇中、何してたの?」

YouGlishで”what have you been up to” の使用例を見る

YouGlishでは、英語のネイティブスピーカーが実際にこのフレーズをどのように使っているかを聞くことができます。さまざまな状況での使用例を通して、フレーズのニュアンスをより深く理解することが可能です。

どのように発音しているかもわかるので参考にしてください。

“what have you been up to” を効果的に使うコツ

相手の反応を観察する

What have you been up to“と聞かれたら、相手はある程度詳しく自分の近況を話すことが期待されています。しかし、相手があまり話したがっていないようであれば、無理に話を続けるのは避けましょう。相手の反応を見ながら、会話のペースを調整することが大切です。

自分の近況も適度に共有する

What have you been up to“と聞いた後は、自分の近況についても話すようにしましょう。ただし、自分の話に偏りすぎないよう注意が必要です。相手の話にも耳を傾け、バランスの取れた会話を心がけましょう。

フォローアップの質問をする

相手の話に興味を示すために、フォローアップの質問をするのも効果的です。例えば、相手が最近旅行に行ったと言ったら、「どこに行ったの?」「楽しかった?」などと聞いてみましょう。これによって、会話がより弾むようになります。

イチロー
イチロー

このようなコツを活かしながら、What have you been up toを効果的に使っていきましょう。

“what have you been up to” の類似表現

「what have you been up to」は英語で「最近どうしていましたか?」と尋ねる際に用いられる表現です。ここでは、これと似た他のフレーズもいくつか紹介します。

How have you been?

意味:「最近どうしていた?」
例文:「How have you been since we last met?」
日本語訳:「前に会って以来、どうしていましたか?」

What’s new with you?

意味:「最近何か新しいことはありましたか?」
例文:「What’s new with you? I haven’t seen you in ages.」
日本語訳:「最近何か新しいことはありましたか?久しぶりですね。」

What’s been going on?

意味:「最近どんなことがありましたか?」
例文:「What’s been going on with you lately?」
日本語訳:「最近、どんなことがあったの?」

How’s life treating you?

意味:「最近の生活はどうですか?」
例文:「How’s life treating you these days?」
日本語訳:「最近、生活はどうですか?」

Anything new happening?

意味:「何か新しいことは起きていますか?」
例文:「Anything new happening with you?」
日本語訳:「何か新しいことは起きていますか?」

これらの表現は、友人や知人との会話で気軽に最近の出来事を尋ねるのに役立ちます。

“what have you been up to” の意味と使い方【英語フレーズ解説】のまとめ

“What have you been up to”は、日常会話でよく使われる表現で、親しい間柄の相手に近況を尋ねるときに便利です。

この表現を使うときは、相手の反応を見ながら話を進め、自分の近況も適度に共有することが大切です。また、フォローアップの質問をすることで、会話をより弾ませることができます。

“What have you been up to”のほかにも、”What’s new with you?”や”How have you been?”など、同じような意味の表現があります。状況に応じて適切な表現を選び、相手との関係性を深めていきましょう。

No.1 ビジネス特化型オンライン英会話     Bizmatesが今なら初月50%OFF!!
まずは無料体験レッスン
\今なら初月50%OFF/
No.1 ビジネス特化型オンライン英会話のBizmates
まずは無料体験