英語を話せるようになりたい社会人がやるべきことを解説!注意するポイントや勉強法を紹介

英語を話せるようになりたい社会人がやるべきことを解説!注意するポイントや勉強法を紹介
  • 英語を話せるようになりたいけど、忙しくてなかなか時間が取れない
  • 英語の勉強法がたくさんあって、何から始めればいいのかわからない
  • 効率的に学習して、少しでも早く英会話ができるようになりたい

多くの社会人が英語を話せるようになりたいと願っていますが、仕事や私生活で忙しく、なかなか英語学習に時間を割けないのが現状です。また、英語の勉強法は数多く存在するため、初心者にとっては何から手をつけていいのか迷ってしまうことも少なくありません。

この記事では、限られた時間の中で効果的に英語力を伸ばすための勉強法や、英語を話せるようになるまでに必要な期間、さらには英語学習を加速させるコツなどを詳しく解説します。英語習得に必要なマインドセットや、リスニング・スピーキング力を高める具体的な方法もお伝えします。

この記事を読めば、忙しい社会人でも無理なく継続できる英語学習法が見つかります。また、英語を話せるようになるまでのロードマップが明確になり、モチベーションを維持しながら着実に英語力を伸ばすことができるでしょう。

英語を話せるようになるには、正しい学習法と継続的な努力が不可欠です。この記事で紹介する勉強法やコツを実践することで、効率的に英語力を向上させ、国際社会で活躍できる人材へと成長できるはずです。ぜひ最後までご覧ください。

英語習得に必要な期間と学習時間

英語を話せるようになるまでに必要な期間と学習時間は、目標とするレベルによって大きく異なります。ネイティブスピーカーと同等の英語力を身につけるには、膨大な時間と努力が求められる一方で、日常会話レベルであればもう少し短い期間で到達することが可能です。

ネイティブレベルまでには2,000時間以上の学習が必要

ネイティブスピーカーと同じレベルの英語力を習得するには、約2,000時間以上の集中的な学習が必要だと言われています。これは、毎日3時間学習し続けた場合、約2年かかる計算になります。ネイティブレベルに到達するためには、以下のようなポイントが重要です。

  • 英語に触れる時間を可能な限り増やす
  • リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングのバランスを取る
  • ネイティブスピーカーとの会話や交流の機会を積極的に設ける
  • 英語で考え、英語で表現する習慣を身につける

ただし、これはあくまで目安であり、個人の学習能力や環境によって必要な時間は変動します。

日常会話レベルなら1年で到達可能

一方、日常的な会話ができるレベルであれば、約1年ほどの学習期間で到達できると考えられています。これは、毎日1〜2時間程度の学習を継続した場合の目安です。日常会話レベルに到達するためのポイントは以下の通りです。

  • 基本的な文法事項を理解し、応用できるようにする
  • 日常生活でよく使われる単語やフレーズを集中的に学ぶ
  • 実際の会話を想定した練習を繰り返し行う
  • 間違いを恐れずに、積極的に英語を使ってみる

日常会話レベルに到達すれば、旅行先で困ることなく英語でコミュニケーションを取ったり、外国人の友人と簡単な会話を楽しんだりすることが可能になります。

個人差はあるが、平均して1〜3年の学習期間が目安

英語習得に必要な期間は、学習者の適性や動機、学習環境など、様々な要因によって個人差が大きいのが特徴です。しかし、平均的には1〜3年ほどの学習期間が必要だと考えられています。この期間を有効に活用するためには、以下の点に留意しましょう。

  • 自分に合った学習スタイルや教材を見つける
  • 短期的な目標と長期的な目標を設定し、モチベーションを維持する
  • 学んだ知識を実際の場面で使ってみる機会を積極的に設ける
  • 英語学習を継続的な習慣として定着させる

英語習得には一定の期間が必要ですが、効果的な学習法を実践し、コツコツと努力を重ねることで、着実に英語力を伸ばしていくことができるでしょう。

英語リスニング力を効果的に鍛えるコツ

英語を話せるようになるためには、リスニング力を向上させることが不可欠です。英語の音に慣れ、正確に聞き取れるようになることで、コミュニケーションがスムーズになり、自信を持って英語を使えるようになります。ここでは、効果的にリスニング力を鍛えるためのコツを3つご紹介します。

ネイティブ教材を活用した多聴で英語の音に慣れる

リスニング力を向上させるには、まずは英語の音に慣れることが重要です。そのためには、ネイティブスピーカーが話す英語を数多く聞くこと、つまり「多聴」が効果的です。多聴を行う際は、以下のようなポイントを意識しましょう。

  • 自分のレベルに合った教材を選ぶ(難しすぎず、易しすぎないもの)
  • 毎日継続して聞く習慣をつける(1日30分から1時間程度)
  • 音声だけでなく、字幕やスクリプトを活用する
  • 興味のある分野や話題の教材を選ぶ

ネイティブスピーカーの自然な発音やイントネーション、語彙の使い方などに触れることで、英語の音の特徴を理解し、リスニング力の基礎を固めることができます。

シャドーイングで聞き取った音を正確に再現する

多聴で英語の音に慣れてきたら、次はシャドーイングを取り入れましょう。シャドーイングとは、ネイティブスピーカーの音声を聞きながら、すぐに真似して発音する練習方法です。シャドーイングを行うことで、以下のような効果が期待できます。

  • 聞き取った音を正確に再現する力が身につく
  • 英語の発音やイントネーションが改善される
  • リスニングとスピーキングを同時に鍛えられる
  • 集中力や瞬発力が向上する

初めは短いフレーズから始め、徐々に長い文章へと移行していきましょう。聞き取れない部分は何度も繰り返し練習し、正確に再現できるまで挑戦することが大切です。

リスニング力は語彙力と密接に関係している

リスニング力を向上させるには、語彙力を高めることも重要なポイントです。知っている単語が多いほど、聞き取りやすくなり、内容の理解も深まります。リスニング力と語彙力の関係を意識し、以下のような方法で語彙力を高めましょう。

  • 多聴やシャドーイングで出てきた単語を調べ、ノートにまとめる
  • 英英辞典を活用し、単語の意味や用法を理解する
  • 単語帳や語彙学習アプリを使って、定期的に復習する
  • 習得した単語を実際の会話やライティングで使ってみる

語彙力を高めることで、リスニングの際に単語の意味を推測しやすくなり、スムーズに内容を理解できるようになります。リスニングと語彙学習を並行して行うことで、相乗効果が期待できるでしょう。

スピーキング力を高めるための勉強法

英語を話せるようになるためには、スピーキング力を向上させることが欠かせません。正しい発音を身につけ、日常会話で使えるフレーズを習得し、実際に英語を使う機会を増やすことで、着実にスピーキング力を高めていくことができるでしょう。ここでは、スピーキング力を向上させるための効果的な勉強法を4つご紹介します。

発音練習で正しい発音を身につける

スピーキング力を高めるには、まず正しい発音を身につけることが重要です。英語の発音は日本語とは大きく異なるため、意識的に練習する必要があります。以下のような方法で、正しい発音を習得しましょう。

  • 発音記号を理解し、単語ごとの正しい発音を確認する
  • ネイティブスピーカーの発音を繰り返し聞き、真似る
  • 発音練習用の教材やアプリを活用する
  • 口の動きや舌の位置を意識して発音する

正しい発音を身につけることで、相手に伝わりやすい明瞭な英語を話すことができるようになります。日本語の発音との違いを理解し、継続的に練習することが大切です。

音読やシャドーイングで口慣らしを行う

正しい発音を身につけたら、次は音読やシャドーイングで口慣らしを行いましょう。音読は、英文を声に出して読む練習方法です。一方、シャドーイングは、ネイティブスピーカーの音声を聞きながら、すぐに真似して発音する練習方法です。これらの練習を行うことで、以下のような効果が期待できます。

  • 英語の音やリズムに慣れる
  • 口や舌の動きが滑らかになる
  • 英語を話すことへの抵抗感が減る
  • 英語の語彙や表現が自然と身につく

初めは短いフレーズや文章から始め、徐々に長いものへと移行していきましょう。毎日少しずつでも継続することが、口慣らしのポイントです。

日常会話でよく使われるフレーズを覚える

スピーキング力を高めるには、日常会話でよく使われるフレーズを覚えることも効果的です。挨拶や自己紹介、感謝やお詫びの表現など、様々なシーンで使えるフレーズを習得しましょう。以下のような方法で、フレーズを覚えていきましょう。

  • 英会話テキストや参考書で基本的なフレーズを学ぶ
  • ネイティブスピーカーとの会話や映画、ドラマなどで実際の使用例を観察する
  • 覚えたフレーズを実際の会話の中で使ってみる
  • 定期的に復習し、定着を図る

日常会話で使えるフレーズを豊富に知っていれば、スムーズにコミュニケーションを取ることができます。自分の言いたいことを表現するためのフレーズを増やしていくことが重要です。

アウトプットの機会を増やして実践力を養う

スピーキング力を高めるには、実際に英語を使ってアウトプットする機会を増やすことが不可欠です。学んだ発音やフレーズを実践に移し、コミュニケーションの中で使いこなせるようになることが目標です。以下のような方法で、アウトプットの機会を増やしましょう。

  • 言語交換パートナーを見つけ、定期的に会話する
  • オンライン英会話レッスンを活用する
  • 英語のプレゼンテーションやスピーチに挑戦する
  • 英語のディスカッションやディベートに参加する

アウトプットの機会を増やすことで、英語で自分の考えを表現する力が身につきます。間違いを恐れずに積極的にコミュニケーションを取ることが、スピーキング力向上のカギとなるでしょう。

英語を話せるようになるためのマインドセット

英語を話せるようになるためには、適切な学習方法や環境づくりも重要ですが、何よりも学習者自身のマインドセットが大きな影響を与えます。ここでは、英語力を効果的に伸ばすために必要な3つのマインドセットをご紹介します。これらを意識して学習に取り組むことで、英語力向上への道のりがより確実なものになるでしょう。

完璧主義を捨て、間違いを恐れない

英語を話すことに対して、「完璧な文章を話さなければならない」「間違えたら恥ずかしい」といった思いを持つ人は少なくありません。しかし、このような完璧主義は、英語力向上の大きな障害となります。

英語学習において、間違いは成長のための必要不可欠なプロセスです。ネイティブスピーカーでさえ、時には間違いを犯すことがあります。大切なのは、間違いを恐れずに積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢です。

間違いを恐れずに英語を使う経験を重ねることで、徐々に自信がつき、スピーキング力が向上していきます。完璧主義にとらわれず、失敗を恐れない勇気を持って英語に挑戦しましょう。

英語学習に情熱を注ぎ、楽しみながら取り組む

英語学習を継続するためには、学習そのものを楽しむことが重要です。英語を使ってコミュニケーションを取ることの喜びを感じ、新しい表現や知識を身につけることに対する情熱を持つことが、学習へのモチベーションを維持するカギとなります。

自分の興味や関心に合った教材を選び、好きなトピックについて英語で情報を収集したり、意見を交換したりすることで、英語学習をより楽しいものにできます。英語を使って自分の世界を広げていくことに喜びを感じられれば、学習は苦痛ではなく、充実した時間になるはずです。

英語学習に情熱を注ぎ、楽しみながら取り組むことで、学習の継続性が高まり、着実に英語力を伸ばしていくことができるでしょう。

英語力不足の原因を環境のせいにしない

英語学習において、「周りに英語を話す人がいない」「仕事が忙しくて時間が取れない」といった環境面での制約を理由に、なかなか上達しない人がいます。確かに、環境は英語学習に影響を与える要因の一つではありますが、それを言い訳にしてしまっては進歩は望めません。

英語力不足の原因を環境のせいにするのではなく、自分にできることに焦点を当てることが重要です。例えば、以下のような工夫で学習環境を整えることができます。

  • オンライン教材や英語学習アプリを活用する
  • 通勤時間を利用して英語のポッドキャストを聴く
  • 英語の書籍や記事を読む時間を確保する
  • オンライン英会話レッスンを受講する

自分の置かれた環境の中で、できる範囲で英語に触れる機会を増やしていくことが大切です。英語力不足の責任を環境に押し付けるのではなく、自分にできることを積極的に探し、行動に移していきましょう。

語彙力を効率的に伸ばす学習法

英語を話せるようになるためには、豊富な語彙力が不可欠です。適切な単語を選んで使うことができれば、自分の意思をより正確に相手に伝えることができます。ここでは、語彙力を効率的に伸ばすための3つの学習法をご紹介します。これらの方法を組み合わせて実践することで、英語の語彙力を着実に高めていくことができるでしょう。

日常会話でよく使われる単語を優先的に覚える

語彙力を伸ばすには、日常会話でよく使われる単語から優先的に覚えていくことが効果的です。挨拶や自己紹介、食事や天気など、日常生活で頻繁に使われる単語を習得することで、基本的なコミュニケーションがスムーズになります。

以下のような方法で、日常会話で使われる単語を効率的に覚えていきましょう。

  • 英会話テキストや参考書で基本的な単語を学ぶ
  • ネイティブスピーカーとの会話や映画、ドラマなどで実際の使用例を観察する
  • 覚えた単語を実際の会話の中で使ってみる
  • 定期的に復習し、定着を図る

日常会話で使える単語を豊富に知っていれば、語彙力の土台が固まり、より高度な表現を学ぶことができます。まずは基本的な単語を確実に身につけることが重要です。

語源や接頭辞・接尾辞の知識を活用して語彙を増やす

英語の単語の多くは、語源や接頭辞・接尾辞の組み合わせで成り立っています。これらの知識を活用することで、単語の意味を推測したり、関連する単語を連想したりすることができ、効率的に語彙を増やすことができます。

例えば、接頭辞のun-は「〜ではない」という意味を持ちます。この知識を活用すれば、happyの反対語がunhappyであることが容易に理解できます。同様に、-tion, -sion, -ment などの接尾辞は、動詞を名詞に変化させる働きがあります。

語源や接頭辞・接尾辞の知識を深めるには、以下のような方法が効果的です。

  • 英単語の語源辞典や接頭辞・接尾辞の一覧表を活用する
  • 新しい単語に出会ったら、語源や構成要素を分析する習慣をつける
  • 同じ語源や接頭辞・接尾辞を持つ単語をグループ化して覚える

語源や接頭辞・接尾辞の知識を活用することで、単語の意味をより深く理解し、関連する語彙を効率的に増やすことができるでしょう。

英語日記や英作文で習得した単語を使う

語彙力を定着させるためには、習得した単語を実際に使ってアウトプットすることが重要です。英語日記や英作文は、自分の思考を英語で表現する絶好の機会であり、語彙力を鍛えるのに最適な方法の一つです。

英語日記を書く際は、以下のようなポイントを意識しましょう。

  • 日常生活で経験したことや感じたことを、習得した単語を使って表現する
  • 辞書や参考書を活用し、適切な単語選びを心がける
  • 文法の間違いを恐れずに、とにかく書く習慣をつける
  • 書いた日記を見直し、表現の改善点を探る

英作文においても、与えられたトピックについて習得した単語を用いて論理的に表現することで、語彙力の定着が図れます。

英語日記や英作文で習得した単語を繰り返し使うことで、語彙力が確実に身につき、スピーキングやリスニングなどの他のスキルにも好影響を与えるでしょう。

英語コミュニケーション力を高める心構え

英語を話せるようになるためには、語彙力や文法知識だけでなく、コミュニケーションに対する適切な心構えが重要です。ここでは、英語コミュニケーション力を高めるための3つの心構えをご紹介します。これらの心構えを持って英語でのコミュニケーションに臨むことで、より効果的に意思疎通を図ることができるでしょう。

間違いを恐れず積極的に英語を使う

英語でコミュニケーションを取る際、「間違えたら恥ずかしい」「うまく話せないかもしれない」と不安を感じる人は少なくありません。しかし、このような恐れは英語力向上の大きな障害となります。

英語を話すことに慣れるためには、間違いを恐れずに積極的に英語を使うことが不可欠です。ネイティブスピーカーも完璧な英語を話しているわけではありません。大切なのは、相手に自分の意図を伝えようとする姿勢です。

間違いを恐れずに英語を使う経験を重ねることで、徐々に自信がつき、コミュニケーション力が向上していきます。失敗を恐れずに、勇気を持って英語でのコミュニケーションに挑戦しましょう。

シンプルな表現でも伝わることを意識する

英語でコミュニケーションを取る際、「もっと複雑な表現を使わないと伝わらないのではないか」と考える人がいます。しかし、実際にはシンプルな表現でも十分に意思疎通を図ることができます。

ネイティブスピーカーとのコミュニケーションにおいても、簡単な単語や文章で要点を伝えることが重要です。複雑な表現を使おうとして、かえって相手に伝わりにくくなってしまうこともあります。

自分の語彙力に合ったシンプルな表現を使いながら、相手に伝えたいことを明確に伝えることを心がけましょう。シンプルな表現でも、工夫次第で効果的なコミュニケーションが可能です。

ジェスチャーや表情も活用して意思疎通を図る

英語でのコミュニケーションにおいては、言葉だけでなく、ジェスチャーや表情も重要な役割を果たします。言葉だけでは伝えきれない部分を、非言語的な表現で補うことができるからです。

例えば、「大きい」という意味を伝えたい場合、両手を広げるジェスチャーを加えることで、より効果的に意味を伝えることができます。同様に、笑顔で話すことで、友好的な雰囲気を作り出すこともできるでしょう。

英語でのコミュニケーションにおいては、言葉とジェスチャー・表情を組み合わせて使うことを意識しましょう。非言語的な表現を活用することで、言葉の壁を越えた意思疎通が可能になります。

英語コミュニケーション力を高めるためには、適切な心構えを持つことが重要です。間違いを恐れずに積極的に英語を使い、シンプルな表現でも伝わることを意識し、ジェスチャーや表情も活用して意思疎通を図りましょう。これらの心構えを実践することで、英語でのコミュニケーションがより円滑になるはずです。

アウトプット重視の英語学習スタイル

英語を話せるようになるためには、インプットだけでなくアウトプットを重視した学習スタイルが効果的です。自分の思考を英語で表現し、実際のコミュニケーションの中で使ってみることで、英語力を着実に向上させることができるでしょう。ここでは、アウトプット重視の英語学習スタイルとして、3つの方法をご紹介します。

英語日記や英作文で文章力を鍛える

英語日記や英作文は、自分の考えや経験を英語で表現する絶好の機会です。文章を書くことで、語彙力や文法知識を実際に活用する力が身につきます。

英語日記を書く際は、以下のようなポイントを意識しましょう。

  • 日常生活で経験したことや感じたことを、自分の言葉で表現する
  • 辞書や参考書を活用し、適切な単語選びを心がける
  • 文法の間違いを恐れずに、とにかく書く習慣をつける
  • 書いた日記を見直し、表現の改善点を探る

英作文においても、与えられたトピックについて論理的に自分の考えを述べることで、英語での表現力が鍛えられます。

英語日記や英作文を継続的に行うことで、書く力だけでなく、話す力やリスニング力など、総合的な英語力の向上が期待できます。

オンライン英会話などで会話練習を積む

オンライン英会話は、ネイティブスピーカーや英語講師と直接会話する機会を提供してくれます。実際の会話の中で、習得した語彙や表現を使ってみることで、コミュニケーション力が飛躍的に向上します。

オンライン英会話を効果的に活用するためには、以下のようなポイントを押さえましょう。

  • 自分のレベルや目的に合ったレッスンを選ぶ
  • レッスン前に話題や関連する語彙を予習する
  • 分からないことがあれば、講師に質問する
  • レッスン後に学んだ表現を復習し、次回のレッスンで活用する

オンライン英会話では、間違いを恐れずに積極的に会話に参加することが重要です。失敗から学ぶ姿勢を持ち、コミュニケーションを楽しむことが上達への近道となるでしょう。

学んだ表現を実際の場面で使ってみる

英語学習において、学んだ表現を実際の場面で使ってみることは非常に重要です。日常生活の中で英語を使う機会を意識的に増やすことで、英語力の定着と向上が図れます。

以下のような方法で、学んだ表現を実践してみましょう。

  • 職場や学校で外国人と英語で会話する
  • 英語のプレゼンテーションやスピーチに挑戦する
  • 海外旅行や留学の機会を活用して、現地の人と英語でコミュニケーションを取る
  • SNSなどを通じて、英語で情報発信やコメントを行う

学んだ表現を実際に使ってみることで、英語が自分の言葉として定着していきます。また、実践の中で得られるフィードバックは、更なる学習への動機づけにもなるでしょう。

アウトプット重視の英語学習スタイルを取り入れることで、英語を話せるようになるための力が効果的に身につきます。英語日記や英作文で文章力を鍛え、オンライン英会話などで会話練習を積み、学んだ表現を実際の場面で使ってみましょう。これらの方法を継続的に実践することで、英語コミュニケーション能力が着実に向上するはずです。

独学での英語学習を加速させるコツ

独学で英語を学ぶ際、効率的に学習を進めることが重要です。適切な目標設定や教材選び、学習リソースの活用など、学習を加速させるためのコツを押さえることで、英語力の向上を図ることができるでしょう。ここでは、独学での英語学習を加速させるための3つのコツをご紹介します。

明確な目標設定と学習プランの作成

独学での英語学習を効果的に進めるためには、明確な目標設定と学習プランの作成が不可欠です。目標を明確にすることで、学習へのモチベーションを維持し、着実に英語力を伸ばすことができます。

以下のようなステップで、目標設定と学習プランを作成しましょう。

  • 自分の現在の英語力を客観的に評価する(TOEICスコアなどを活用)
  • 達成したい英語力のレベルを具体的に設定する(TOEICスコア、英検の級など)
  • 目標達成までの期間を決め、そこから逆算して学習スケジュールを立てる
  • 日々の学習時間を確保し、スケジュールに沿って着実に学習を進める

目標達成までの道のりを明確にすることで、学習に対する意欲が高まり、効率的に英語力を伸ばすことができるはずです。定期的に目標と現状を見直し、必要に応じて学習プランを調整することも大切です。

適切な教材選びと学習リソースの活用

独学での英語学習では、自分に合った教材選びと学習リソースの活用が重要なポイントとなります。適切な教材を選ぶことで、効率的に英語力を伸ばすことができます。

教材選びの際は、以下のような点を考慮しましょう。

  • 自分の英語力に合ったレベルの教材を選ぶ
  • 総合的な英語力を伸ばすために、4技能(リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)をバランスよく学べる教材を選ぶ
  • 自分の学習スタイルに合った教材を選ぶ(テキスト、オーディオ、ビデオなど)
  • 定期的に新しい教材を取り入れ、飽きずに学習を継続する

また、インターネット上には多くの無料・有料の学習リソースがあります。オンライン英語学習サイトや英語学習アプリ、ポッドキャストなどを効果的に活用することで、学習の幅を広げることができるでしょう。

英語コーチングの利用で学習効果を高める

独学での英語学習では、自分の学習方法が適切かどうか判断しにくいことがあります。そのような場合、英語コーチングを利用することで、学習効果を高めることができます。

英語コーチングでは、以下のようなメリットが期待できます。

  • 自分の英語力に合わせたカリキュラムを組んでもらえる
  • 学習方法や教材選びについてアドバイスがもらえる
  • 定期的にフィードバックがもらえ、弱点を克服できる
  • モチベーションを維持しやすく、学習の継続性が高まる

英語コーチングを利用することで、独学では得にくい個別のサポートを受けられます。自分に合ったコーチを見つけ、効果的に学習を進めることで、英語力の向上が加速するでしょう。

独学での英語学習を加速させるためには、明確な目標設定と学習プランの作成、適切な教材選びと学習リソースの活用、英語コーチングの利用が効果的です。これらのコツを取り入れることで、モチベーションを維持しながら効率的に英語力を伸ばすことができるはずです。自分に合った学習方法を見つけ、着実に英語力を向上させていきましょう。

まとめ:英語を話せるようになりたい社会人がやるべきことを解説!注意するポイントや勉強法を紹介

英語を話せるようになるためには、正しいマインドセットを持ち、効果的な学習法を実践することが重要です。リスニングとスピーキングのバランスを取りながら、語彙力を増強し、アウトプットの機会を積極的に設けましょう。

英語習得には個人差がありますが、日常会話レベルなら1年、ネイティブレベルまでには2,000時間以上の学習が必要とされています。しかし、完璧主義にとらわれず、間違いを恐れずに英語を使うことが上達への近道です。

独学で英語力を伸ばすには、明確な目標設定と適切な教材選びが欠かせません。英語コーチングの利用も学習効果を高めるのに役立つでしょう。

忙しい社会人の皆さんも、この記事で紹介した勉強法やコツを取り入れることで、着実に英語力を向上させることができます。楽しみながら学習を継続し、グローバル社会で活躍できる語学力を身につけていきましょう。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ