通勤時間におすすめの英語勉強法5選!アプリでスキマ時間を有効活用

通勤時間におすすめの英語勉強法5選!アプリでスキマ時間を有効活用
  • 仕事が忙しくて英語の勉強時間が取れない
  • 職場や自宅で集中して勉強するのは難しい
  • 通勤時間を有効活用して英語力を上げたい

多くの社会人は仕事や日常生活に追われ、英語学習の時間確保に悩んでいます。
特に勉強に集中できる環境を作ることが難しく、モチベーションを維持するのも大変です。

そこでこの記事では、通勤時間を活用した効果的な英語学習法を5つ厳選してご紹介します。
スマートフォンアプリを中心に、「聞く」「読む」「覚える」「解く」「書く」の5つの観点から、隙間時間でも手軽に取り組める勉強法を選びました。
また、自分に合った教材の選び方や、学習を継続するためのコツについてもお伝えします。

この記事を読めば、限られた通勤時間を有効に活用し、英語力を効率的に高める方法がわかります。
忙しいあなたも、この記事を参考に、英語学習を習慣化させることができるでしょう。

通勤時間が英語学習に最適な理由

通勤時間は英語学習に最適な時間帯だと言えます。なぜなら、毎日の通勤は習慣化しやすく、朝の集中力が高い時間帯であり、英語学習の時間を確保しやすいからです。これらの理由から、通勤時間を有効活用することで、効果的に英語学習を進められるでしょう。

習慣化しやすい

通勤は毎日行う日課の一つであるため、英語学習を通勤時間に組み込むことで、学習習慣を作りやすくなります。電車やバスでの移動中など、決まった時間帯に英語に触れることを繰り返すことで、自然と学習が習慣化していきます。

習慣化のポイントは、毎日同じ時間帯に学習することです。通勤時間は比較的一定しているため、学習時間を確保しやすく、習慣化に適しています。また、通勤中は他の予定が入りにくいため、集中して学習に取り組むことができます。

朝は集中力が高い

朝の通勤時間帯は、一日の中でも集中力が高い時間帯だと言われています。睡眠から目覚めた直後は、脳の働きが活発で、新しい情報を吸収しやすい状態にあります。この時間帯に英語学習を行うことで、効率的に知識を定着させることができるでしょう。

特に、リスニングや単語学習など、集中力を要する学習に取り組むのに適しています。朝の通勤時間を活用することで、一日の始まりに英語学習を済ませ、達成感を得ることもできます。

英語学習の時間を確保できる

多くの社会人にとって、仕事や家事、プライベートの予定で忙しく、英語学習の時間を確保することが難しいという悩みがあります。しかし、通勤時間を活用することで、英語学習の時間を確実に確保することができます。

例えば、片道30分の通勤時間を利用して、毎日1時間の英語学習時間を作ることができます。この1時間を有効に活用することで、着実に英語力を伸ばすことが可能です。スキマ時間を活用することで、「時間がない」という言い訳をなくし、英語学習を優先させることができるでしょう。

アプリを活用した効果的な英語学習方法5選

通勤時間を利用して英語学習を進めるために、スマートフォンアプリを活用することがおすすめです。アプリを使えば、いつでもどこでも手軽に英語に触れることができ、効果的に学習を進められます。ここでは、通勤時間に最適な英語学習アプリを5つ紹介します。

英語を聞く(Podcast)

英語のリスニング力を向上させるために、Podcastアプリを活用してみましょう。Podcastは、様々なトピックについて英語で話されている音声コンテンツで、通勤中に気軽に聞くことができます。

Podcastを聞く際は、自分の興味のあるトピックや、レベルに合ったものを選ぶことが大切です。初心者の方は、ゆっくりとしたスピードで話されている番組から始めると良いでしょう。聞き取れない部分があっても、繰り返し聞くことで徐々に理解できるようになります。

おすすめのPodcastアプリには、「Apple Podcasts」や「Google Podcasts」、「Spotify」などがあります。これらのアプリを使えば、無料で多くの英語コンテンツを楽しむことができます。

英語を読む(Langaku, News apps)

英語の読解力を養うには、ニュースアプリや英語学習アプリを活用するのが効果的です。通勤中の短い時間でも、記事を読むことで英語の語彙力やリーディング力を伸ばすことができます。

「Langaku」は、英語でマンガが読めるアプリです。マンガが好きな方にはおすすめです。わからない単語があれば、アプリ内の辞書機能を使って調べることもできます。

また、「BBC News」や「CNN」などの海外メディアが提供するニュースアプリを使うのもおすすめです。最新のニュースを英語で読むことで、生きた英語表現に触れることができます。

英単語・フレーズを覚える(Anki)

通勤時間を使って英単語やフレーズを覚えるなら、「Anki」というアプリが便利です。Ankiは、フラッシュカードを使った学習アプリで、自分のペースで単語やフレーズを覚えることができます。

Ankiの特徴は、覚えにくい単語ほど頻繁に表示されるという点です。一度覚えた単語は次の復習までの間隔が長くなり、効率的に記憶に定着させることができます。また、自分で単語帳を作成することもできるので、学習したい単語を自由に登録できます。

通勤中の隙間時間を使って、毎日10〜20個の単語を覚えるだけでも、英語力アップに繋がります。Ankiを活用して、楽しみながら単語力を伸ばしていきましょう。

短い英語問題を解く(スタサプTOEIC)

TOEIC対策を通勤時間に行うなら、「スタサプTOEIC」がおすすめです。スタサプTOEICは、通勤中など短い時間でもTOEIC形式の問題を解くことができるアプリです。

このアプリでは、リスニングやリーディングの問題が出題され、実際のTOEIC試験と同じ形式で学習を進められます。問題は5〜10分程度で解くことができるので、隙間時間を有効活用できます。

また、学習の進捗状況に合わせて問題のレベルが自動調整されるため、自分のペースで無理なく学習を続けられます。通勤時間を活用して、コツコツとTOEIC対策を進めていきましょう。

英作文をする (SNS)

英語で発信する力を身につけるためには、英作文の練習が欠かせません。通勤時間を利用して、SNSアプリやSpeakアプリで英作文をしてみましょう。

TwitterやInstagramなどのSNSアプリを使って、英語で短い投稿をするのがおすすめです。日常の出来事や感想を英語で発信することで、ライティング力が自然と身についていきます。

通勤中の英語学習に適した教材の選び方

通勤時間を利用して英語学習を進めるためには、自分に合った教材選びが大切です。ここでは、通勤中の英語学習に適した教材の選び方について、3つのポイントを紹介します。短時間で取り組める教材、自分の英語レベルに合った教材、楽しく続けられる教材を選ぶことで、効果的に学習を進められるでしょう。

短時間で取り組める教材を選ぶ

通勤時間は限られているため、短時間で効率的に学習できる教材を選ぶことが重要です。移動中の隙間時間を有効活用できるよう、10〜15分程度で完結する教材がおすすめです。

例えば、英単語アプリや英語ニュースアプリなどは、短時間で手軽に学習できる教材の一つです。スマートフォンがあれば、いつでもどこでも学習を進められます。通勤中の限られた時間を考慮し、自分のライフスタイルに合った教材を選びましょう。

また、音声教材も通勤時間に適しています。英語のPodcastや音声講座など、聴くだけで学習できる教材なら、電車やバスでの移動中でも手軽に取り組むことができます。

自分の英語レベルに合った教材を選ぶ

英語学習を効果的に進めるためには、自分の現在の英語レベルに合った教材を選ぶことが大切です。レベルが高すぎる教材では、理解が追いつかず、挫折してしまう可能性があります。一方、レベルが低すぎる教材では、物足りなさを感じ、学習意欲が低下してしまうかもしれません。

自分の英語レベルを把握するには、以下の方法があります

  • 英語学習アプリで診断テストを受ける
  • 過去に受験した英語試験のスコアを参考にする
  • 英語の教科書やテキストを実際に読んでみて、理解度をチェックする

自分のレベルを客観的に評価した上で、適切な難易度の教材を選ぶようにしましょう。レベルに合った教材を使うことで、無理なく学習を継続できます。

教材選びに迷ったら、英語学習者向けのWebサイトやブログで教材のレビューを参考にするのも良いでしょう。他の学習者の意見を参考にして、自分に合った教材を見つけていきましょう。

楽しく続けられる教材を選ぶ

英語学習を長く続けるためには、楽しさを感じられる教材を選ぶことが大切です。学習が苦痛になってしまっては、継続するのが難しくなってしまいます。自分が興味を持てる内容の教材を選ぶことで、学習へのモチベーションを維持できます。

例えば、映画や海外ドラマが好きな人は、英語字幕付きの作品を教材として活用するのがおすすめです。好きな作品を英語で楽しみながら、リスニング力や語彙力を伸ばすことができます。

また、自分の趣味や関心に関連した英語コンテンツを探すのも効果的です。スポーツ、料理、旅行など、自分が興味を持つトピックについて英語で読んだり、聞いたりすることで、学習が楽しくなります。

英語学習を楽しいと感じられる工夫を取り入れながら、自分に合った教材を選んでいきましょう。学習が楽しくなれば、通勤時間を利用した英語学習も苦にならずに続けられるはずです。

通勤中の英語学習で気をつけるべきポイント

通勤時間を利用して英語学習を進めることは、とても効果的な方法ですが、いくつか気をつけるべきポイントがあります。ここでは、通勤中の英語学習で注意すべき3つのポイントを紹介します。リスニングを聞き流さないこと、難しすぎる教材を避けること、継続と反復を心がけることを意識して学習に取り組みましょう。

リスニングを聞き流さない

通勤中は、英語のリスニング教材を聞く機会が多いと思います。しかし、ただ聞き流すだけでは、リスニング力の向上には繋がりません。聞いた内容を理解し、自分の言葉で表現できるようになることが重要です。

リスニング教材を聞く際は、以下のようなことを心がけましょう

  • 集中して内容を理解するように努める
  • 聞き取れない部分は巻き戻して再度聞く
  • 内容を要約してみる
  • 聞いた表現を実際に使ってみる

聞き流すのではなく、能動的にリスニングに取り組むことで、着実にリスニング力を伸ばすことができます。通勤中は集中力が続きにくいかもしれませんが、少しずつでも意識して取り組んでいきましょう。

難しすぎる教材は避ける

英語学習に意欲的になると、つい難しい教材に手を出したくなるものです。しかし、自分のレベルを大きく超えた教材を使うのは、逆効果になることがあります。難しすぎる内容に挫折感を感じ、学習意欲を失ってしまう可能性があるからです。

通勤中の英語学習では、自分のレベルに合った教材を選ぶことが大切です。教材選びの際は、以下の点を考慮しましょう

  • 教材の難易度がわかるサンプルを確認する
  • 自分に合ったレベルの教材を選ぶ
  • 少し背伸びをする程度の教材を選ぶ

自分のレベルに合った教材を使うことで、無理なく学習を継続できます。教材が簡単すぎると物足りなく感じるかもしれませんが、少しずつステップアップしていくことが大切です。

継続と反復を心がける

英語学習で最も重要なのは、継続することです。毎日少しずつでも、コツコツと学習を続けることが上達への近道となります。特に、通勤時間を利用した学習は、忙しい日々の中で継続しやすいという利点があります。

ただし、ただ漫然と学習を続けるのではなく、効果的な反復学習を取り入れることが重要です。以下のような方法で、学習内容を定着させていきましょう

  • 学習した内容を復習する
  • 間違えた問題を再度解く
  • 覚えた単語や表現を実際に使ってみる
  • 定期的に総復習をする

継続と反復を意識することで、通勤時間を有効に活用し、着実に英語力を伸ばすことができるでしょう。毎日の学習を習慣化し、長期的な視点で英語学習に取り組んでいきましょう。

まとめ:通勤時間におすすめの英語勉強法5選!アプリでスキマ時間を有効活用

以上、通勤時間を活用した効果的な英語学習法を5つご紹介しました。

英語学習に最適な通勤時間を無駄にせず、スマートフォンアプリを使って「聞く」「読む」「覚える」「解く」「書く」といった多角的なアプローチで学習を進めましょう。

自分に合った教材選びも重要ですが、リスニングを聞き流さない、難しすぎる教材は避けるなど、学習のコツを押さえることで、より効果的に英語力を伸ばすことができます。

何より大切なのは、毎日の学習を習慣化し、継続することです。通勤時間を有効に活用すれば、忙しい社会人でも英語学習の時間を確保できます。

この記事で紹介した勉強法を参考に、まずは自分に合った方法で英語学習をスタートしてみてください。継続的な努力を積み重ねることで、着実にあなたの英語力は向上していくはずです。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ