英語のリスニング能力を高める5つのコツを紹介!効果的な学習法を解説

英語のリスニング能力を高める5つのコツを紹介!効果的な学習法を解説
  • 英語を聞き取るのが苦手で、いつも困っている
  • リスニングが弱点だと感じていて、克服したい
  • 効果的なリスニングの学習法を知りたい

英語のリスニングが苦手な人は多く、リスニング能力の向上は英語学習者にとって大きな課題です。リスニングが上達しないと感じて、モチベーションを維持するのが難しくなることもあるでしょう。

この記事では、リスニングが苦手な人が陥りがちな問題点を紹介し、リスニング能力を高める5つのコツを具体的に解説します。さらに、語彙力や文法知識の習得、シャドーイングやディクテーションなど効果的なリスニング学習法を紹介。日常生活でもリスニング力を鍛える方法をお伝えします。

この記事を読めば、リスニングの上達を阻む要因が理解でき、リスニング能力を効率的に高めるためのポイントや学習法がわかります。正しい方法で練習を積み重ねることで、着実にリスニング力を伸ばしていきましょう!

リスニングが苦手な人が陥りがちな問題点

英語のリスニングに苦手意識を持つ人は多くいらっしゃいます。リスニング能力の向上を目指す際に、以下のような問題点に陥ってしまうことがよくあります。これらの問題点を理解し、適切な対策を講じることが、リスニングスキルを高めるための第一歩となるでしょう。

語彙力や文法知識が不足している

リスニングが難しいと感じる大きな要因の一つに、語彙力や文法知識の不足が挙げられます。単語の意味がわからなかったり、文法構造が理解できなかったりすると、英語を聞き取ることが困難になってしまいます。

リスニング能力を向上させるためには、まず語彙力と文法知識を身につけることが重要です。日頃から英単語や熟語を覚え、文法ルールを理解するよう努めましょう。語彙力と文法知識が豊富になれば、聞き取りの精度も自然と上がっていくはずです。

英語の発音やリズムに慣れていない

英語の発音やリズムに慣れていないことも、リスニングが苦手な原因となります。日本語とは異なる英語特有の音の変化やイントネーションに戸惑ってしまい、聞き取りが難しくなることがあります。

この問題を解決するには、英語の音声に多く触れる必要があります。英語のポッドキャストや音声教材を活用し、ネイティブスピーカーの発音やリズムに耳を慣らしていきましょう。シャドーイングなどの練習法を取り入れるのも効果的です。英語の音の特徴に慣れることで、聞き取りの精度が高まります。

聞き取った英語を日本語に訳そうとしている

英語を聞きながら、その内容を日本語に訳そうとするのは、リスニングの上達を妨げる要因の一つです。日本語に訳すことに意識が向いてしまうと、次に話される英語を聞き逃してしまいます。

リスニングを行う際は、日本語に訳すことを意識せず、英語のまま理解するように心がけましょう。英語の語順で内容を把握する練習を重ねることが大切です。英語を直接理解する力が身につけば、スムーズに聞き取れるようになるでしょう。

一語一句すべて聞き取ろうとしている

英語を聞く際、一語一句すべてを聞き取ろうとする完璧主義に陥ってしまう人がいます。しかし、ネイティブスピーカーでさえ、会話の全ての単語を聞き取っているわけではありません。

リスニングでは、キーワードを押さえ、全体の意味を理解することを目指しましょう。わからない単語があっても、前後の文脈から推測する力を養うことが重要です。一語一句にこだわらず、大まかな内容をつかむことを心がけると、リスニング力が向上していきます。

リスニング能力を高める5つのコツ:意識するポイントを解説

英語のリスニング能力を効果的に高めるためには、いくつかの重要なポイントを意識することが大切です。ここでは、リスニングスキルを向上させるための5つのコツを詳しく解説していきます。これらのポイントを意識して練習に取り組めば、着実にリスニング力を伸ばすことができるでしょう。

完璧主義を捨てる

リスニングを行う際、一番最初に意識すべきことは、完璧主義を捨てることです。英語を聞く際に、一語一句すべてを理解しようとする人がいますが、これは非常に非効率的な方法です。

ネイティブスピーカーでさえ、会話の全ての単語を聞き取っているわけではありません。リスニングでは、キーワードを押さえ、全体の意味を理解することを目指しましょう。わからない単語があっても、前後の文脈から推測する力を養うことが重要です。完璧主義にとらわれず、大まかな内容をつかむことを心がけると、リスニング力が向上していきます。

英語の語順で理解する

英語を聞く際は、日本語に訳すことを意識するのではなく、英語の語順で内容を理解するように心がけましょう。日本語と英語では語順が異なるため、英語を聞きながら日本語に訳そうとすると、かえって理解が難しくなってしまいます。

英語の語順に慣れるためには、英文を読む際にも、和訳せずに英語のまま理解する練習を積むことが効果的です。また、リスニング教材を活用する際は、スクリプトを見ながら、英語の語順を意識して聞くようにしましょう。英語の語順で直接理解する力が身についてくれば、リスニング能力は大きく向上するはずです。

音の変化に注目する

英語を聞き取る際は、単語の発音だけでなく、音の変化にも注目することが大切です。英語では、連音、脱落、同化など、様々な音の変化が起こります。これらの音の変化を理解していないと、聞き取りが難しくなってしまいます。

例えば、”want to”は”wanna”と発音されることがあります。このような音の変化に気づけるよう、普段から英語の音声に多く触れ、耳を慣らしておくことが重要です。

音の変化に注目しながらリスニング練習を行うことで、徐々に聞き取りの精度が上がっていくでしょう。

予測しながら聞く

リスニングでは、予測しながら聞くことが重要なスキルの一つです。話の流れや文脈から、次に話される内容を予測する習慣を身につけましょう。

例えば、”I’m going to the store to buy…”と聞こえたら、その後に続く単語は”groceries”や”food”など、店で買うものが来ると予測できます。このように、文脈から予測しながら聞くことで、聞き取りの精度が高まります。

予測しながら聞く力を養うには、英語の文章や会話に数多く触れ、パターンを理解することが大切です。様々なトピックの英語に触れ、予測力を鍛えていきましょう。

リスニング後に復習する

リスニングの効果を最大限に高めるためには、聞いた内容を復習することが欠かせません。復習することで、聞き逃した部分を確認し、理解を深めることができます。

リスニング教材を活用する際は、一度聞いただけで終わりにせず、必ず復習するようにしましょう。スクリプトを見ながら、聞き取れなかった部分を確認したり、発音やイントネーションをチェックしたりすることが効果的です。

また、シャドーイングを行うのもおすすめです。音声に合わせて音読することで、英語の音の特徴や、文章の構造を体感的に理解することができます。

継続的に復習を行うことで、リスニング能力は確実に向上していくでしょう。

効果的なリスニング学習法

英語のリスニング能力を向上させるためには、適切な学習法を実践することが不可欠です。ここでは、効果的なリスニング学習法を5つ紹介します。これらの方法を組み合わせて学習を進めることで、着実にリスニング力を高めることができるでしょう。

語彙力と文法知識を身につける

リスニング能力を向上させるためには、まず語彙力と文法知識を身につけることが重要です。単語の意味がわからなかったり、文法構造が理解できなかったりすると、英語を聞き取ることが難しくなります。

日頃から英単語や熟語を覚え、文法ルールを理解するよう努めましょう。例えば、以下のような方法が効果的です

  • 毎日一定数の英単語を覚える
  • 英文法書や問題集で文法事項を整理する
  • 英語の文章を読み、単語や文法の使われ方を確認する

語彙力と文法知識が豊富になれば、リスニングの際に内容を理解しやすくなります。

シャドーイングで発音とリズムを習得する

シャドーイングは、英語の発音とリズムを習得するための効果的な学習法です。音声を聞きながら、すぐに真似して音読する練習を行います。

シャドーイングを行う際は、以下の点に注意しましょう

  • 聞こえた音をできるだけ忠実に再現する
  • イントネーションや強勢にも気を付ける
  • 少しずつ音声に近づけるよう努力する

継続的にシャドーイングを行うことで、英語特有のリズムや発音が身につき、リスニング力の向上につながります。

ディクテーションで音と綴りの関係を理解する

ディクテーションは、英語を聞いて書き取る練習法です。音と綴りの関係を理解するのに役立ちます。

まずは短い文章から始め、徐々に長い文章へと移行していきましょう。聞き取れなかった部分は、音声を繰り返し聞いて確認します。スクリプトを見て、自分の書き取りと比較するのも効果的です。

ディクテーションを通して、英語の音と綴りの関係を理解することで、リスニング能力の向上が期待できます。

多聴で英語の音に慣れる

多聴は、大量の英語音声を聞くことで、英語の音に慣れるための学習法です。英語のポッドキャストや音声教材を活用し、毎日一定時間、英語を聞く習慣を身につけましょう。

多聴を行う際は、以下の点に注意してください

  • 自分のレベルに合った教材を選ぶ
  • 内容を完全に理解しようと思わず、大まかな意味を掴むことを目指す
  • わからない単語があっても、聞き流す

継続的に多聴を行うことで、英語の音の特徴に耳が慣れ、リスニング力の向上につながります。

英語字幕付きの映像教材を活用する

英語字幕付きの映画やドラマ、YouTubeの動画などを活用するのも、リスニング学習に効果的です。映像を見ながら英語を聞くことで、状況や文脈の理解が深まります。

初めは字幕に頼りがちですが、徐々に字幕を見ずに内容を理解できるよう努力しましょう。わからない単語やフレーズがあれば、メモを取り、後で調べるのも良い方法です。

英語字幕付きの映像教材を活用することで、楽しみながらリスニング力を高めることができるでしょう。

日常生活でリスニング力を鍛える方法

英語のリスニング能力を高めるためには、学習時間だけでなく、日常生活の中でも意識的に英語に触れることが大切です。ここでは、日頃からリスニング力を鍛えるための4つの方法を紹介します。これらを実践することで、英語の音に慣れ親しみ、リスニングスキルを効果的に向上させることができるでしょう。

英語のポッドキャストを聴く

英語のポッドキャストを聴くことは、リスニング力を鍛えるのに最適な方法の一つです。ポッドキャストには様々なトピックがあり、自分の興味や目的に合ったものを選ぶことができます。

通勤時間や家事の合間など、空いた時間を利用してポッドキャストを聴く習慣を付けましょう。最初は内容を完全に理解できなくても、少しずつ慣れていくことが大切です。わからない単語があれば、後で調べるようにしましょう。

継続的にポッドキャストを聴くことで、英語の音の特徴やリズムに自然と耳が慣れていきます。同時に、語彙力や表現力も身につけることができるでしょう。

洋楽を歌詞付きで聴く

好きな洋楽を歌詞付きで聴くのも、リスニング力アップに効果的です。音楽を聴きながら歌詞を読むことで、英語の発音やリズムを楽しく学ぶことができます。

歌詞を見ながら聴く際は、以下の点に注意しましょう

  • 歌詞の意味を理解する
  • 発音や強勢に注目する
  • 歌いながら、音とリズムを体感する

気に入った曲を繰り返し聴くことで、英語の音の特徴が自然と身につきます。歌詞を覚えて一緒に歌えるようになれば、リスニング力の向上を実感できるはずです。

英語のニュース番組を視聴する

英語のニュース番組を視聴するのも、リスニング力を鍛える良い方法です。ニュース番組では、明瞭な発音で情報が伝えられるため、英語の音の特徴をつかみやすくなります。

初めは字幕付きで視聴し、内容を理解するようにしましょう。慣れてきたら、字幕なしで視聴にチャレンジします。わからない単語やフレーズがあれば、メモを取り、後で調べるようにしましょう。

ニュース番組を継続的に視聴することで、英語の音に慣れるだけでなく、時事問題に関する語彙力も身につけることができます。

ネイティブスピーカーとの会話を増やす

ネイティブスピーカーとの会話は、リスニング力を鍛える最も効果的な方法の一つです。実際のコミュニケーションの中で、生きた英語に触れることができます。

英会話教室に通ったり、言語交換アプリを利用したりして、ネイティブスピーカーとの会話の機会を増やしましょう。会話の中で聞き取れなかった部分があれば、遠慮せずに聞き返すようにしましょう。

ネイティブスピーカーとの会話を重ねることで、様々なアクセントや表現に触れることができます。同時に、会話の内容から文脈を理解する力も養われるでしょう。

会話力とリスニング力は密接に関係しているため、ネイティブスピーカーとのコミュニケーションを大切にすることが、リスニング能力の向上につながります。

リスニング学習を継続するためのモチベーション維持術

英語のリスニング能力を高めるためには、継続的な学習が不可欠です。しかし、モチベーションを維持することは容易ではありません。ここでは、リスニング学習を続けるためのモチベーション維持術を4つ紹介します。これらを実践することで、学習意欲を高く保ち、着実にリスニング力を伸ばしていくことができるでしょう。

目標を明確にする

リスニング学習を継続するためには、明確な目標を設定することが大切です。自分が達成したい目標を具体的に定めましょう。例えば、以下のような目標が考えられます

  • TOEICのリスニングセクションで○○点以上取る
  • 英語のニュース番組を字幕なしで理解できるようになる
  • 好きな洋楽アルバム1枚の歌詞を全て聞き取れるようになる

目標を明確にすることで、学習の方向性が定まり、モチベーションを維持しやすくなります。目標達成までの道のりをイメージし、日々の学習に取り組みましょう。

時には、目標達成までの過程で挫折を感じることもあるかもしれません。そのような時は、目標を見直し、必要であれば修正することも大切です。柔軟に目標を調整しながら、学習を継続していきましょう。

自分に合った教材を選ぶ

リスニング学習を続けるためには、自分に合った教材を選ぶことが重要です。好みや目的に合わない教材では、学習意欲が長続きしません。

自分のレベルに合った難易度の教材を選びましょう。簡単すぎても、難しすぎても、モチベーションは維持できません。適度なチャレンジを感じられる教材が理想的です。

興味のある分野やトピックの教材を選ぶのも良い方法です。楽しみながら学習できるため、モチベーションを高く保ちやすくなります。

様々な教材を試して、自分に最適なものを見つけましょう。教材選びは、リスニング学習を継続するための重要な要素の一つです。

少しずつレベルを上げていく

リスニング学習を継続するためには、少しずつレベルを上げていくことが大切です。急激なレベルアップを目指すと、挫折感を味わいやすくなります。

現在のレベルから始め、徐々に難易度を上げていきましょう。例えば、以下のようなステップアップが考えられます

  • 簡単な会話から始め、徐々に長い会話へ移行する
  • 低速の音声から始め、徐々に通常速度へ移行する
  • 字幕付きの映像から始め、徐々に字幕なしへ移行する

無理のない範囲で、少しずつレベルアップを図ることが大切です。着実な進歩を実感することで、モチベーションを維持することができるでしょう。

進捗を記録し、達成感を味わう

リスニング学習の進捗を記録することは、モチベーション維持に役立ちます。学習日記をつけたり、学習時間を記録したりすることで、自分の努力を可視化することができます。

記録を見返すことで、自分の成長を実感し、達成感を味わうことができるでしょう。例えば、以下のような進歗が記録できます

  • 1日の学習時間
  • 学習した教材や内容
  • リスニングテストのスコア
  • 聞き取れるようになった単語やフレーズ

小さな進歩でも、記録に残すことで達成感を得ることができます。達成感は、学習を継続するための原動力となるでしょう。

定期的に記録を振り返り、自分の成長を確認しましょう。着実な進歩を実感することで、リスニング学習へのモチベーションを維持することができるはずです。

まとめ:英語のリスニング能力を高める5つのコツを紹介!効果的な学習法を解説

以上、英語のリスニング能力を高めるためのコツと効果的な学習法について詳しく解説しました。

リスニングが苦手な原因を理解し、5つのポイントを意識しながら学習を進めることが上達への近道です。語彙力や文法知識を身につけつつ、シャドーイングやディクテーションなどの練習法を取り入れ、多聴を通して英語の音に慣れていきましょう。

ポッドキャストや洋楽、ニュース番組など、日常生活でリスニングに触れる機会を増やすのも効果的です。目標を明確にし、自分に合った教材を選んで、少しずつレベルを上げていくことがモチベーション維持につながります。

リスニング学習を継続し、着実に実力を伸ばしていけば、必ず英語の聞き取り力が向上するはずです。あなたの英語学習が実り多きものとなることを心から願っています。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ