“four-eyes” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

“four-eyes” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

英語の日常会話でよく出てくる four-eyes

この記事では、

  • “four-eyes”が使用される状況・タイミング
  • 実際に”four-eyes”が使われるときの会話例
  • “four-eyes”を効果的に使うコツ

を幅広く解説していきます。

マンガを使った説明や日常会話での例文、さらにはYouGlishを用いた実際の使い方も紹介するので、このフレーズの理解を深めていきましょう。

この記事を読むことで、「four-eyes」というフレーズの使い方が明確になります。

イチロー
イチロー

このフレーズをマスターすれば、英語での表現力・理解力がアップします。ぜひ最後まで読んで、日常英会話に役立ててください。

four-eyes” の基本的な意味

four-eyes” の直訳と基本的な解釈

“four-eyes“という表現は、直訳すると「4つの目」となります。

これは、眼鏡をかけている人を指す際に用いられるスラングです。眼鏡のレンズが2つあることから、目が2つと合わせて「4つの目」という意味になります。

“four-eyes” はメガネをかけている人へのあだ名として使われ、からかったり侮辱したりするネガティブなニュアンスの言葉です。しかし、親しみを込めて使うこともしばしばあり、状況によって変わります

イチロー
イチロー

four-eyesはポジティブな言葉ではないので、使いどころに注意が必要です。

four-eyes“はどんなときに使う?

“four-eyes”という表現は、日常会話の中で眼鏡をかけた友人や同僚など親しい関係の人を指して使用されることがあります。この表現は、軽いジョークや親しみを込めて使われることが多く、特に若者の間で見られます。

例えば、眼鏡をかけた友人に対して「Hey, four-eyes!」と呼びかけるなど、親しみを込めたコミュニケーションの一環として使用されます。

具体的には下記のような場面で使うことができます

  • 眼鏡をかけている友人や家族を呼ぶとき
  • 眼鏡をかけている同僚や部下を呼ぶとき
  • 眼鏡をかけている人をからかって遊ぶとき

four-eyes” を使うときの注意点

“four-eyes”という表現は、使い方によっては侮辱的に受け取られる可能性があります。

特に、親しくない人や公式の場では、この表現を避けるべきです。眼鏡をかけることに対する否定的なイメージを与えかねないため、相手がどのように感じるかを考慮し、慎重に使う必要があります。

親しい間柄であっても、相手がこの表現を不快に思う可能性があるため、使用する際は相手の感情を尊重することが重要です。

イチロー
イチロー

基本的に自分からfour-eyesという単語は使わない方が無難です!

実際の会話での”four-eyes” の使い方

マンガでフレーズ解説

マンガのワールドトリガーの英語版でも“four-eyes“が使用されています。

ジンが、眼鏡をかけたキャラクターであるオサムを助けた時に「You all right, four-eyes?(無事か?メガネくん)」と声をかけています

このようにfour-eyesという表現は、英語圏のマンガやアニメーションで眼鏡をかけたキャラクターを指す際に用いられることがあります。

イチロー
イチロー

マンガで実際にフレーズが使われるのを見るのは勉強になりますね

日常会話での例文

「four-eyes」という表現は、日常会話でも使われるときもあります。

例1: 学校での友達同士の会話。眼鏡をかけている友達に対して軽いジョークを言う。
例文: “Hey, four-eyes, did you get a new pair of glasses? They look great on you!
日本語訳: 「ねえ、メガネ君、新しい眼鏡を買ったの?すごく似合ってるよ!」

例2: オフィスでの同僚同士の会話。眼鏡をかけた同僚に向かって、冗談を交えて質問をする。
例文: “Can you read this text from there, four-eyes, or should I make it bigger?
日本語訳: 「そこからこのテキスト、読める?メガネ君。それとも、もっと大きくするべきかな?」

例3: パーティーでの友人同士の会話。眼鏡をかけている友人に向けて、親しみを込めて話す。
例文: “I bet you’re the smartest person in the room, four-eyes. What’s your secret?
日本語訳: 「きっと君がこの部屋で一番賢いね、メガネ君。秘訣は何?」

このように、”four-eyes” は、日常会話のさまざまな場面で使われることがあります。

YouGlishで”four-eyes” の使用例を見る

YouGlishでは、英語のネイティブスピーカーが実際にこのフレーズをどのように使っているかを聞くことができます。さまざまな状況での使用例を通して、フレーズのニュアンスをより深く理解することが可能です。

どのように発音しているかもわかるので参考にしてください。

four-eyes” を効果的に使うコツ

four-eyes」を使う際のコツは、相手との関係性と文脈をしっかりと理解することです

親しくない人やフォーマルな場では避けるべきです。相手がこの表現に不快感を示す可能性がある場合は、使用を控えることが重要です。

友達との軽い会話や親しい間柄でのジョークとして使うことで、自然で親しみやすい印象を与えることができます。

four-eyes” の意味と使い方【英語フレーズ解説】のまとめ

“four-eyes”というフレーズは、眼鏡をかけた人を指す際に使用される英語のスラングです。

この言葉は、特に親しい間柄やカジュアルな状況で使われることが多いです。使用する際は、親しくない人やフォーマルな場では、この言葉を避けなど相手との関係性や文脈を十分に考慮することが重要です。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ