“get ahead of oneself” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

“get ahead of oneself” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

英語の日常会話でよく出てくる get ahead of oneself

この記事では、

  • get ahead of oneself“が使用される状況・タイミング
  • 実際に”get ahead of oneself“が使われるときの会話例
  • get ahead of oneself“を効果的に使うコツ

を幅広く解説していきます。

マンガを使った説明や日常会話での例文、さらにはYouGlishを用いた実際の使い方も紹介するので、このフレーズの理解を深めていきましょう。

この記事を読むことで、「get ahead of oneself」というフレーズの使い方が明確になります。また、類似表現との違いも理解することで、より柔軟に英語を使いこなすことができます!

イチロー
イチロー

このフレーズをマスターすれば、英語での表現力がアップします。ぜひ最後まで読んで、日常英会話に役立ててください。

“get ahead of oneself” の基本的な意味

“get ahead of oneself” の直訳と基本的な解釈

“get ahead of oneself” を直訳すると、「自分自身の前に出る」となりますが、実際には「先走る」「時期尚早に行動する」という意味で使われます。

この表現は、自分の能力や状況を正確に判断せずに、急いで行動してしまう様子を指摘する際に用いられます。

イチロー
イチロー

get ahead of oneself と否定形を組み合わせて、「落ち着きなさい」というような意味にもなります

“get ahead of oneself”はどんなときに使う?

“get ahead of oneself” は、誰かが計画や準備が整っていないのに急いで行動を取る場合、または結論に急ぎすぎる場合などに使用します。

以下のような状況でよく使われます。

  • まだ準備段階なのに、結果を焦ってしまうとき
  • 自分の能力や経験を過信してしまうとき
  • 周囲の意見を聞かずに、独断で行動してしまうとき

“get ahead of oneself” を使うときの注意点

“get ahead of oneself” は、使い方を誤ると相手を不快にさせてしまう可能性があります。

注意すべき点 は、以下の通りです。

  • 相手を批判しているような言い方にならないように注意する
  • 相手を責めるのではなく、冷静にアドバイスする
  • 相手の立場や状況を理解した上で使う


“get ahead of oneself” を使うときは、これらの点に注意して、相手に配慮した表現を心がけましょう。

イチロー
イチロー

“get ahead of oneself”は、使うシチュエーションをしっかり考えて使うようにしましょう!

実際の会話での”get ahead of oneself” の使い方

マンガでフレーズ解説

マンガのワールドトリガーの英語版でも”get ahead of oneself“が使用されています。

これはユウマが早くB級になりたくてC級を倒せばよいと考えているシーンで、ほかの隊員が「Don’t get ahead of yourself (まあまあ落ち着き給えよ)」と言っているシーンです。

ここでは否定形と組み合わせて「先走らないで=落ち着きなさい」という意味でget ahead of oneselfが使われていますね。

イチロー
イチロー

マンガで実際にフレーズが使われるのを見るのは勉強になりますね

日常会話での例文

get ahead of oneself」というフレーズは、日常会話でよく使われます。

いくつか例文を示すので参考にしてみてください。

使用する状況: 誰かが新しいプロジェクトについて過度に興奮して、基本的な準備を怠っている時。

例文(英語): “I think you’re getting ahead of yourself by planning the product launch before we’ve even finished the prototype.”

日本語訳: 「プロトタイプの完成前に製品発売の計画をしているあなたは、先走りすぎていると思います。」

使用する状況: 誰かが試験勉強を始める前に、合格を確信している時。

例文(英語): “Don’t get ahead of yourself; start studying now to really ensure you pass the exam.”

日本語訳: 「自分を先走らせないでください。今から勉強を始めて、試験に確実に合格するようにしましょう。」

使用する状況: 誰かが成功を確信しているが、まだ多くのステップを踏む必要がある時。

例文(英語): “You might be getting ahead of yourself by thinking about spending your bonus before you’ve even received it.”

日本語訳: 「ボーナスを受け取る前に、それを使うことを考えているあなたは、先走りすぎかもしれません。」

YouGlishで”get ahead of oneself” の使用例を見る

YouGlishでは、英語のネイティブスピーカーが実際にこのフレーズをどのように使っているかを聞くことができます。さまざまな状況での使用例を通して、フレーズのニュアンスをより深く理解することが可能です。

どのように発音しているかもわかるので参考にしてください。

“get ahead of oneself” を効果的に使うコツ

“get ahead of oneself” を効果的に使うためには、以下の点に注意しましょう。

  • 相手を批判しているような言い方にならないように注意する
  • 相手を責めるのではなく、冷静にアドバイスする
  • 相手の立場や状況を理解した上で使う


具体的には、以下の点を意識して使うと効果的になるはずです

  • 相手の気持ちに寄り添い、理解を示す
  • 相手の意見を尊重し、否定しない
  • 具体的なアドバイスを与える


これらの点に注意することで、相手に不快な思いをさせずに、“get ahead of oneself” を効果的に使うことができます。

イチロー
イチロー

このようなコツを活かしながら、“get ahead of oneself” を効果的に使っていきましょう。

“get ahead of oneself” の類似表現

Jump the gun

意味: 物事を早まって行うこと、特にスタートラインから早く出発すること

例文: “He really jumped the gun by starting the project without the boss’s approval.”

日本語訳: 「上司の承認なしにプロジェクトを始めた彼は、本当に先走りしました。」

Put the cart before the horse

意味: 物事の順序を間違えること、本来先にすべきことよりも後のことを先に行うこと

例文: “By focusing on the details before understanding the big picture, you’re putting the cart before the horse.”

日本語訳: 「大局を理解する前に細部に注目することは、本末転倒です。」

Count your chickens before they hatch

意味: 成功する前にその成果を当てにすること

例文: “Investing all your money in that startup is like counting your chickens before they hatch.”

日本語訳: 「そのスタートアップにすべてのお金を投資することは、卵が孵る前に鶏を数えるようなものです。」

Bite off more than one can chew

意味: 自分の能力以上のことを引き受けてしまうこと

例文: “He bit off more than he could chew by taking on three projects at once.”

日本語訳: 「彼は一度に3つのプロジェクトを引き受けることで、自分の能力以上のことをしてしまいました。」

Run before one can walk

意味: 基本的なスキルを習得する前に、より高度なことを試みること

例文: “You’re trying to run before you can walk by attempting advanced calculus before mastering algebra.”

日本語訳: 「代数学をマスターする前に高度な微積分を試みることで、歩く前に走ろうとしています。」

これらの表現は、すべて “get ahead of oneself” と同様に、状況に応じて使い分けることが大切です。

“get ahead of oneself” の意味と使い方【英語フレーズ解説】のまとめ

“get ahead of oneself” は、使い方をマスターすれば、相手に冷静さを促したり、慎重な行動を促したりすることができます。

会話の中で “get ahead of oneself” を使うときは、相手の立場や状況を理解し、相手の気持ちに寄り添いながら使うようにしましょう。

“get ahead of oneself” を効果的に使って、より良いコミュニケーションを築きましょう。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ