“make it count” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

“make it count” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

英語の日常会話でよく出てくる make it count

この記事では、

  • make it count“が使用される状況・タイミング
  • 実際に”make it count“が使われるときの会話例
  • make it count“を効果的に使うコツ

を幅広く解説していきます。

マンガを使った説明や日常会話での例文、さらにはYouGlishを用いた実際の使い方も紹介するので、このフレーズの理解を深めていきましょう。

この記事を読むことで、「make it count」というフレーズの使い方が明確になります。また、類似表現との違いも理解することで、より柔軟に英語を使いこなすことができます!

イチロー
イチロー

このフレーズをマスターすれば、英語での表現力がアップします。ぜひ最後まで読んで、日常英会話に役立ててください。

“make it count” の基本的な意味

“make it count” の直訳と基本的な解釈

“make it count” を直訳すると、「それを数える」「それをカウントする」という意味になります。しかし、この表現が使われるときは、単に数を数えるという意味ではありません。

“make it count” の基本的な解釈は、「それを意味のあるものにしよう」「機会を最大限に活用する」というニュアンスです。つまり、何かに取り組む際に、ただやるだけでなく、全力で取り組んでベストな結果を出そうという前向きな姿勢を表しています。

  • 「意味のあるものにする」
  • 「最大限に活用する」
  • 「無駄にしない」

といった意味で使用されます。

限られた機会を最大限に活かして、自分の人生をより豊かで充実したものにしていこうという意味合いが込められているのです。

イチロー
イチロー

“make it count”にはビタっと対応する日本語がないので理解しづらいですが、解説を参考に自分のものにしてください

“make it count”はどんなときに使う?

“make it count” は、人生の様々な場面で使うことができる表現です。

例えば、大切な試験に臨む際や、限られた時間で重要なプロジェクトに取り組むとき、又は人生の岐路に立たされた時などに、この言葉を使って自分を奮い立たせることができるでしょう。

この表現は、チャンスを逃さずに全力で挑戦しようという決意を表明するときにも適しています。

与えられた機会を無駄にせず、自分の能力を最大限に発揮して成果を出そうという強い意志を示す言葉なのです。

“make it count” を使うときの注意点

“Make it count” は、使い方を誤ると誤解を招く可能性があります。

以下の点に注意しましょう。

  • 相手や状況に配慮する
  • 自己中心的にならない
  • 無理をしない

例えば、友人との会話で “Make it count” を使う場合、相手を尊重し、押し付けがましくならないように注意が必要です。

“Make it count” は、自分自身や相手を鼓舞するための言葉であり、他人へのプレッシャーとして使うべきではありません。

イチロー
イチロー

“make it count”は、使うシチュエーションをしっかり考えて使うようにしましょう!

実際の会話での”make it count” の使い方

マンガでフレーズ解説

マンガのワールドトリガーの英語版でも”make it count“が使用されています。

これはジンがこれから別行動する嵐山に対して「Make it count, Arashiyama (うまいことやれよ、嵐山)」と言っているシーンです。

ここでは、「うまくやる」という意味でmake it countが使われていますね。

イチロー
イチロー

マンガで実際にフレーズが使われるのを見るのは勉強になりますね

日常会話での例文

make it count」というフレーズは、日常会話でも使われます。

いくつか例文を示すので参考にしてみてください。

使用する状況:友人が大切な面接を控えているとき

例文(英語):“You’ve got one shot at this interview, make it count.”

日本語訳:「この面接、一発勝負だから、この機会を大切にしよう。」

使用する状況:家族が長期間の休暇を取っているとき

例文(英語):“We won’t get another vacation like this for a while, let’s make it count.”

日本語訳:「こんな休暇はしばらく取れないだろうから、有意義に使おうね。」

使用する状況:子供がスポーツの試合に出る前

例文(英語):“This is the last game of the season, make it count.”

日本語訳:「これが今シーズン最後の試合だ。大切にしよう。」

YouGlishで”make it count” の使用例を見る

YouGlishでは、英語のネイティブスピーカーが実際にこのフレーズをどのように使っているかを聞くことができます。さまざまな状況での使用例を通して、フレーズのニュアンスをより深く理解することが可能です。

どのように発音しているかもわかるので参考にしてください。

“make it count” を効果的に使うコツ

“make it count” を効果的に使うには、まず相手の状況や心情を理解することが大切です。

単に言葉を投げかけるだけでなく、相手の立場に立って、どのような言葉がけが適切なのかを考えましょう。

適切なタイミングで、誠意を持って “make it count” と伝えることで、相手の心に響く言葉になるはずです。

また、“make it count” を言うだけでなく、自分自身も実践することが重要です。

相手にアドバイスをする前に、まず自分が模範となるような行動を取ることが求められます。自分の言動が “make it count” を体現していれば、相手にも説得力を持って伝えることができるでしょう。

イチロー
イチロー

このようなコツを活かしながら、“make it count”を効果的に使っていきましょう。

“make it count” の類似表現

「make it count」は、与えられた機会や時間を最大限に利用し、有意義に過ごすことを意味します。

このフレーズに似た表現をいくつか紹介します。

Seize the day

意味:今日という日を最大限に生かす

例文:“Seize the day and live life to the fullest.”

日本語訳:「今日という日を生かして、人生を最大限に楽しもう。」

Make the most of it

意味:何かを最大限に利用する

例文:“We have limited resources, but let’s make the most of it.”

日本語訳:「限られたリソースしかないけれど、それを最大限に活用しよう。」

Take advantage of the opportunity

意味:機会を利用する。

例文:“This internship is a great chance for you; take advantage of the opportunity.”

日本語訳:「このインターンシップは君にとって素晴らしいチャンスだ;この機会を生かして。」

Every moment counts

意味:すべての瞬間が重要。

例文:“In life-saving situations, every moment counts.”

日本語訳:「命を救う状況では、一瞬一瞬が重要だ。」

Utilize the time wisely

意味:時間を賢く利用する

例文:“You have two hours before the test, utilize the time wisely.”

日本語訳:「試験まであと2時間ある、時間を賢く使おう。」

これらの表現は、「make it count」と同じように、限られた時間や機会を最大限に活かすことの重要性を伝えます。

“make it count” の意味と使い方【英語フレーズ解説】のまとめ

“make it count” は、「機会を最大限に活用する」「意味のあるものにする」という意味を持つ英語表現です。

例文やコツを参考に、ぜひ日常生活の中で積極的に使ってみてください。

この記事を通して、”make it count” の意味と使い方について理解を深めていただけたら幸いです。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ