“have to do with ~” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

“have to do with ~” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

英語の日常会話でよく出てくる have to do with ~

この記事では、

  • have to do with ~“が使用される状況・タイミング
  • 実際に”have to do with ~“が使われるときの会話例
  • have to do with ~“を効果的に使うコツ

を幅広く解説していきます。

マンガを使った説明や日常会話での例文、さらにはYouGlishを用いた実際の使い方も紹介するので、このフレーズの理解を深めていきましょう。

この記事を読むことで、「have to do with ~」というフレーズの使い方が明確になります。また、類似表現との違いも理解することで、より柔軟に英語を使いこなすことができます!

イチロー
イチロー

このフレーズをマスターすれば、英語での表現力がアップします。ぜひ最後まで読んで、日常英会話に役立ててください。

“have to do with ~” の基本的な意味

“have to do with ~” の直訳と基本的な解釈

“have to do with ~” は、「~と関係がある」という意味です。これは、2つの物事の間には何らかの繋がりがあることを示します。具体的には、以下のような意味合いが含まれます。

  • ~に関連している
  • ~に関与している
  • ~の影響を受けている
  • ~について言及している

例えば、「彼の成功は彼の努力と密接に関係がある」といった文脈で用いられることが多いです。

このように、“have to do with ~”は因果関係や関連性を表現するのに有効な表現です。

イチロー
イチロー

have to do with ~“の~には名詞が入ります!

“have to do with ~”はどんなときに使う?

“have to do with ~” は、さまざまな場面で使用できます。例えば、以下のような場合です。

  • 2つの物事の関連性を説明したいとき
  • 2つの物事の間にある因果関係を説明したいとき

文字で説明してもわかりづらいので例文をいくつか紹介します

“The success of the project has to do with everyone’s effort.”

プロジェクトの成功は、みんなの努力に関係しています。

“The decline in sales has to do with the recent market changes.”

売上の減少は、最近の市場の変化に関係しています。

“have to do with ~” を使うときの注意点

“have to do with ~” を使うときは、以下の点に注意する必要があります。

  • 2つの物事の間の具体的な関係性を明確にする
  • 2つの物事の間の関連性が明確に証明されていない場合は、断定的な表現を避ける
  • 2つの物事の間の関連性が複雑な場合は、誤解を与えないように丁寧に説明する

“have to do with ~” は、2つの物事の間の繋がりを理解するための重要な表現です。この表現を正しく理解し、適切に使用することで、コミュニケーションをより円滑にすることができます。

イチロー
イチロー

“have to do with ~” は、基本的には何かと何かが関連しているときに使います。

実際の会話での”have to do with ~” の使い方

マンガでフレーズ解説

マンガのワールドトリガーの英語版でも”have to do with ~“が使用されています。

これはチカがネイバー(敵)に狙われている理由を聞いているときにオサムが「What does that have to do with it (トリオンが何か関係があるのか?)」と言っているシーンです。

「~に関係がある」という意味でhave to do with ~が使われていますね。

イチロー
イチロー

マンガで実際にフレーズが使われるのを見るのは勉強になりますね

日常会話での例文

have to do with ~」というフレーズは、日常会話でよく使われます。

いくつか例文を示すので参考にしてみてください。

使用する状況: 友人がなぜ最近忙しいのかを尋ねる時。

例文(英語): “Does your recent busyness have to do with the new project you mentioned last week?”

日本語訳: 「最近忙しいのは、先週話していた新しいプロジェクトと関係があるの?」

使用する状況: 誰かの気分の変化の理由を探る時。

例文(英語): “Does your mood today have to do with the news you received this morning?”

日本語訳: 「今日の気分は、今朝受け取ったニュースと何か関係があるの?」

使用する状況: ある物の場所を特定する手がかりを求める時。

例文(英語): “Does the location of the book have to do with the last place you read it?”

日本語訳: 「その本の場所は、最後に読んだ場所と関係があるの?」

このように、”have to do with ~” は、日常会話のさまざまな場面で使うことができます。

YouGlishで”have to do with ~” の使用例を見る

YouGlishでは、英語のネイティブスピーカーが実際にこのフレーズをどのように使っているかを聞くことができます。さまざまな状況での使用例を通して、フレーズのニュアンスをより深く理解することが可能です。

どのように発音しているかもわかるので参考にしてください。

“have to do with ~” を効果的に使うコツ

具体的な内容を説明する

単に “have to do with ~” を使うだけでなく、具体的な例や説明を付け加えることで、その関連性をより理解しやすくすることができます。

誤解を与えないように注意する

“have to do with ~” は、2つの物事の関連性を示す表現ですが、必ずしも因果関係があるとは限りません。誤解を与えないように注意する必要があります。

“have to do with ~” の類似表現

have to do with ~” は、「~と関係がある」という意味で用いられるフレーズですが、いくつか類似表現があるので紹介します。

be related to

意味: 何かが他のものと関連があること

例文: “Her research is closely related to environmental issues.

日本語訳: 「彼女の研究は環境問題と密接に関連している。」

be linked to

意味: 何かが他のものと直接的なつながりがあること

例文: “This symptom is strongly linked to lack of sleep.

日本語訳: 「この症状は睡眠不足と強く関連している。」

be connected to

意味: 何かが他のものと接続されている、または関連していること

例文: “His sudden change in behavior is connected to the stress at work.

日本語訳: 「彼の突然の行動変化は、仕事のストレスと関係している。」

be associated with

意味: 何かが他のものと一般的に関連付けられていること

例文: “Eating too much sugar is often associated with diabetes.

日本語訳: 「砂糖を過剰に摂取することは、よく糖尿病と関連付けられる。」
これらの表現はすべて、”have to do with”と同様に、物事間の関係性を示すのに使われます。それぞれ微妙に意味合いが異なりますが、一般的には互いに交換可能な場合が多いです。

“have to do with ~” の意味と使い方【英語フレーズ解説】のまとめ

“have to do with ~”は、ある事象が他の事象とどのように関連しているかを示すのに非常に便利なフレーズです。

この表現を使うことで、日常会話からビジネスの場まで、さまざまな状況での説明がより明確かつ論理的になります。また、類似表現として「be related to ~」や「be connected to ~」などがあり、状況に応じて適切に選択することが重要です。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ