“make a racket” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

“make a racket” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

英語の日常会話でよく出てくる make a racket

この記事では、

  • make a racket“が使用される状況・タイミング
  • 実際に”make a racket“が使われるときの会話例
  • make a racket“を効果的に使うコツ

を幅広く解説していきます。

マンガを使った説明や日常会話での例文、さらにはYouGlishを用いた実際の使い方も紹介するので、このフレーズの理解を深めていきましょう。

この記事を読むことで、「make a racket」というフレーズの使い方が明確になります。また、類似表現との違いも理解することで、より柔軟に英語を使いこなすことができます!

イチロー
イチロー

このフレーズをマスターすれば、英語での表現力がアップします。ぜひ最後まで読んで、日常英会話に役立ててください。

“make a racket” の基本的な意味

“make a racket” の直訳と基本的な解釈

make a racket” を直訳すると 「ラケットを作る」 となりますが、これは日本語の意味とは全く異なるので注意が必要です。

make a racket” の本来の意味は、「騒々しい音を出す」 というものです。そこから転じて、「騒ぐ」 や 「大騒ぎする」 という意味合いで使われるようになりました。

イチロー
イチロー

make a racket の意味は直訳と異なるので注意が必要です!

“make a racket”はどんなときに使う?

このフレーズは、人が意図的にもしくは無意識に大きな騒音を発しているときに使います。

例えば、パーティーでの音楽の音量が高すぎる場合や、子供たちが遊んでいるときに発する大きな声が近隣に迷惑をかけている場合などが挙げられます。

騒がしい環境や活動に対する一般的な表現として使われます。

make a racket” は、以下のような状況で使うことができます。

  • 子供が遊んだり、走り回ったりして騒いでいるとき
  • 工事現場で大きな音がしているとき
  • 犬が吠えたり、鳴いたりして騒いでいるとき
  • 人々が集まって、大声で話したり、歌ったりしているとき

“make a racket” を使うときの注意点

「make a racket」は、聞き手に不快感を与える可能性がありますので、使用には注意が必要です。

特に目上の人に対しては使うことを避けたほうがよいでしょう。

また、状況によっては「making too much noise」のように穏やかな表現を選ぶことをお勧めします。

「make a racket」は、比較的くだけた表現なので、カジュアルな場面で使うのが適切です。

文脈を読み取り、相手によっては別の表現を使うなど、言葉遣いに気をつける必要があります。

イチロー
イチロー

“make a racket”は、使うシチュエーションをしっかり考えて使うようにしましょう!

実際の会話での”make a racket” の使い方

マンガでフレーズ解説

マンガのワールドトリガーの英語版でも”make a racket“が使用されています。

これは玉狛支部にレイジと京介が帰ってきて発言したシーンで、「Konami’s making a racket (騒がしいなコ小南)」と言っているシーンです。

ここでは「騒いでいる」という意味でmake a racketが使われていますね。

イチロー
イチロー

マンガで実際にフレーズが使われるのを見るのは勉強になりますね

日常会話での例文

make a racket」というフレーズは、日常会話でよく使われます。

いくつか例文を示すので参考にしてみてください。

使用する状況: 隣の部屋で子供が騒いでいる時

例文(英語): “Could you please ask the kids to stop making such a racket? I’m trying to work in here.”

日本語訳: 「子供たちにそんなに騒がないように言ってくれませんか?ここで仕事をしているんです。」

使用する状況: 公共の場で大きな音がする時

例文(英語): “This construction work is really making a racket. I can barely hear myself think!”

日本語訳: 「この建設作業は本当にうるさいです。自分の考えがほとんど聞こえない!」

使用する状況: パーティーで音楽が大きすぎる時

例文(英語): “The music at the party was making such a racket, we had to shout to hear each other.”

日本語訳: 「パーティーの音楽があまりにもうるさくて、お互いに聞こえるように叫ばなければならなかった。」

YouGlishで”make a racket” の使用例を見る

YouGlishでは、英語のネイティブスピーカーが実際にこのフレーズをどのように使っているかを聞くことができます。さまざまな状況での使用例を通して、フレーズのニュアンスをより深く理解することが可能です。

どのように発音しているかもわかるので参考にしてください。

“make a racket” を効果的に使うコツ

“make a racket”は、人々が大きな音を立てているときに使う表現です。

賑やかでうるさい雰囲気を表す場合に適しています。ただし、完全に否定的な意味合いではありません。友人どうしの楽しい騒ぎや、子供の元気な声に使うこともできます。

注意すべき点は、この表現は日常的で身近な話し言葉なので、フォーマルな場面では避けた方がよいということです。

イチロー
イチロー

このようなコツを活かしながら、“make a racket” を効果的に使っていきましょう。

“make a racket” の類似表現

Cause a commotion

意味:騒ぎや混乱を引き起こす

例文:The students caused a commotion in the hallway.

日本語訳:生徒たちは廊下で騒ぎを起こした。

Raise a din

意味:大騒ぎする

例文:The fans raised a din after the victory.

日本語訳:勝利後、ファンたちは大騒ぎした。

Create a stir

意味:波紋を広げる、騒動を引き起こす

例文:Her arrival at the event created a stir.

日本語訳:彼女がイベントに到着したことで波紋を広げた。

Kick up a fuss

意味:大騒ぎをする、文句を言う

例文:He kicked up a fuss over the incorrect order.

日本語訳:彼は注文が間違っていたことに大騒ぎした。

Make some noise

意味:注意を引くために騒ぐ

例文:The team made some noise to get the crowd excited.

日本語訳:チームは観客を興奮させるために騒いだ。

これらの表現はすべて、何らかの形で騒音や騒ぎを起こすことを意味していますが、コンテキストによって使い分けることが大切です。

“make a racket” の意味と使い方【英語フレーズ解説】のまとめ

“make a racket” は、日常会話で頻繁に使うフレーズです。

例文やコツを参考に、状況に合わせて効果的に使いこなしてみましょう。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ