“That’s enough out of you” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

“That’s enough out of you” の意味と使い方【英語フレーズ解説】

英語の日常会話でよく出てくる That’s enough out of you

この記事では、

  • “That’s enough out of you”が使用される状況・タイミング
  • 実際に”That’s enough out of you”が使われるときの会話例
  • “That’s enough out of you”を効果的に使うコツ

を幅広く解説していきます。

マンガを使った説明や日常会話での例文、さらにはYouGlishを用いた実際の使い方も紹介するので、このフレーズの理解を深めていきましょう。

この記事を読むことで、「That’s enough out of you」というフレーズの使い方が明確になります。また、類似表現との違いも理解することで、より柔軟に英語を使いこなすことが可能になります。

イチロー
イチロー

このフレーズをマスターすれば、英語での表現力が格段にアップします。ぜひ最後まで読んで、日常英会話に役立ててください。

“That’s enough out of you” の基本的な意味

“That’s enough out of you” の直訳と基本的な解釈

“That’s enough” は「もう十分だ」という意味で、何かが十分に満足できる量に達したときに使います。”That’s enough out of you”の場合、その何かは、話者の耳に届いた相手の発言や行動を指します

“Out of you” は「あなたから」という意味で、相手の発言や行動が話者に対して直接向けられていることを表します。

したがって、“That’s enough out of you” は、相手にこれ以上話さないよう、または特定の行動を止めるよう要求する際に使われます。日本語では「もういい加減にして」とか「それ以上はやめて」と似た意味合いですね。

イチロー
イチロー

基本的には、話し手が相手の言動に対して「もう十分だ」と感じている状況で使います。

“That’s enough out of you”はどんなときに使う?

このフレーズは、特に相手が何かをしすぎたり、不適切な振る舞いをしている場合に使われます。

具体的には下記のような場面で使うことができます

  • 誰かが冗談を言い過ぎたとき
  • からかわれたときのリアクションで
  • 子供が騒ぎすぎたりする状況
  • 仕事の会議で一人が長時間話し過ぎているとき

この表現は、軽い叱責や注意を促すニュアンスを含むため、相手に対して「これ以上は不要だ」というメッセージを伝えるのに適しています。

子どもが騒いでいるときに、親が「That’s enough out of you! Stop shouting!」と言うと、「もう十分だ、静かにしなさい!」という意味に。

部下がミスをしたときに上司が「That’s enough out of you! I’m not going to explain it again!」と言うと、「もう十分だ、もう一度説明するつもりはない!」という意味になります。

“That’s enough out of you” を使うときの注意点

「That’s enough out of you」は、軽い叱責や注意を促すニュアンスを含むため、カジュアルな状況や親しい間柄であれば問題ありませんが、公式な場や上司など、よりフォーマルな関係での使用には注意が必要です

この表現は強い意志を示すものであり、相手に対する敬意を忘れずに、適切なトーンで使用することが重要です。無用な誤解を避けるためにも、状況と相手の感情を考慮しながら慎重に使いましょう。

イチロー
イチロー

基本はカジュアルな場面でのみ使いましょう。フォーマルな場だと?責のように捉えられてしまうことも。

実際の会話での”That’s enough out of you” の使い方

マンガでフレーズ解説

マンガのワールドトリガーの英語版でも”That’s enough out of you”が使用されています。

これはオサムがユーマを助けるためにかばったシーンで、かばったにも関わらず「メガネくん、なんでついてきたの、弱いのに」と言われた返しで“That’s enough out of you”を使っています。

ここでの日本語では「弱いのには余計だ!」となっていますが、「弱いというのは言い過ぎだ」「弱いという必要はないだろ」といった意味合いから、“That’s enough out of you”が使われているのだと想像できます

イチロー
イチロー

マンガで実際にフレーズが使われるのを見るのは勉強になりますね

日常会話での例文

「That’s enough out of you」という表現は、日常会話において相手に対して何かを止めるよう促したい場合に役立ちます。

例1: 友達が冗談を言いすぎていて、場が和むどころか気まずくなってしまった時
Okay, that’s enough out of you. Let’s talk about something else
訳:もうそれで十分だ、他の話をしよう

例2: 子供が遊びながら騒ぎすぎているときに、親が
That’s enough out of you, it’s time to calm down
訳:もういい加減にして、落ち着いて

例3: 部下が何度も同じミスをして直す気がない時
That’s enough out of you! I’m not going to explain it again!
訳:もうお前からの話はうんざりだ!もう一度説明するつもりはない!

このように、”That’s enough out of you” は、日常会話のさまざまな場面で使うことができます。

YouGlishで”That’s enough out of you” の使用例を見る

YouGlishでは、英語のネイティブスピーカーが実際にこのフレーズをどのように使っているかを聞くことができます。さまざまな状況での使用例を通して、フレーズのニュアンスをより深く理解することが可能です。

どのように発音しているかもわかるので参考にしてください。

“That’s enough out of you” を効果的に使うコツ

このフレーズは、場の空気を読んで適切なタイミングで使うことが重要です。

たとえば、誰かが冗談を言い、笑いが起きた後に使うと自然で効果的になります。

このフレーズは軽い注意や叱責のニュアンスを含んでいるため、相手との関係や状況をよく考慮した上で使うことが肝心です。親しい間柄やカジュアルな状況では適切でも、公式な場や目上の人に対しては適さない場合があるため、その点を念頭に置くことが大切です

“That’s enough out of you” の類似表現

enoughを含む類似表現フレーズ

enoughを含む類似表現には、下記のようなものがあり、これらも同様に相手にこれ以上の発言や行動を控えるよう促す際に使用されます。

  • Enough already
  • Enough of that!
  • I’ve heard enough!
  • I’ve had enough of your nonsense!

これらのフレーズは、いずれも「もう十分だ、いい加減にしろ」という意味で、”That’s enough out of you” とほぼ同じ意味で使うことができます。

enoughを含まない類似表現フレーズ

「That’s enough out of you」は、相手に何かをやめるよう促す際に用いられる表現ですが、同じ意味合いで使われる他のフレーズも存在します。「Cut it out」「Knock it off」は、いずれも「やめて」という要求を表現する際に使われます。

これらのフレーズは、特に友人同士や家族内で、相手の行動を軽く注意する際に便利です。例えば、「Cut it out, you’re being too loud!」(やめて、うるさすぎる!)や「Knock it off, that’s not funny」(やめて、それは面白くない)といった使い方があります。

「Cut it out」や「Knock it off」は”That’s enough out of you”と比べるとやや命令的なニュアンスが強いため、使用するタイミングには注意が必要です。

“That’s enough out of you” の意味と使い方【英語フレーズ解説】のまとめ

「That’s enough out of you」は、相手にこれ以上話すな、または行動するなと伝えるために使用されるフレーズです

文脈に応じて柔軟に使い分けることができ、効果的なコミュニケーションの一部となります。この表現を使う際は、相手への配慮を忘れないようにしましょう。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ