英語で提案するときに使えるフレーズを解説!ビジネスから日常会話まで

英語で提案するときに使えるフレーズを解説!ビジネスから日常会話まで

英語学習者にとって英語で「どうやって自分の思いやアイデアをスマートに伝えられるか」は頭を悩ます問題です。ビジネスの場でも、友人とのカジュアルな会話でも、その悩みは共通しています。

この記事では、そんな時に役立つ「英語で提案するフレーズ集」をご紹介します。”propose”, “suggest”, “recommend”, “advise”など、似たように見えてそれぞれ微妙に異なるニュアンスを持つ単語の使い分けから、ビジネスシーンや日常会話での具体的なフレーズ、さらには提案に対する反応の仕方まで、幅広くカバーしていきます。

この記事を読めば、英語で提案する際の「どんなフレーズを使えばいいのか」という常につきまとう疑問に対する答えが見つかります。自信を持って提案をするための秘訣や、相手に対する敬意を忘れずに自分の意見をしっかり伝える方法など、具体的なコツも一緒に学べます。

提案が上手くいくかどうかは、何を伝えるかだけでなく、どう伝えるかにも依存するので、ぜひこの機会に自信を持って提案できるようになるためのスキルを身につけてくださいね。

提案を意味する英単語の違いを理解する

英語で提案する際に適切な単語を選ぶことは、意図を正確に伝える上で非常に重要です。“propose”, “suggest”, “recommend”, “advise”という単語はすべて提案を意味しますが、それぞれ微妙にニュアンスが異なります。これらの違いを理解することで、ビジネスシーンから日常会話に至るまで、より適切に英語で提案ができるようになります。

propose

propose“は、特に正式な状況や重要な決定を前にして、具体的な案やアイデアを提示する際に用いられます。

結婚のプロポーズや会議での新しいプロジェクトの提案など、具体的かつ具体的な提案を示す際に適しています。この単語は、提案者がその案にかなりの自信を持っており、受け入れを強く期待しているニュアンスを含みます。

propose“を使う場面は、提案が形式的であり、しばしば計画やアイデアが詳細に検討された後に行われます。例えば、”I propose we expand our market into Asia”のように使用します。この文は、アジア市場への拡大という具体的な行動計画を示しています。

suggest

suggest“は、もっとカジュアルな提案やアイデアを表現する際によく使われます。

この単語を使うことで、提案があくまで一つの選択肢であり、受け入れが必須ではないことを暗示します。友人に対して何かを提案するときや、会議で初期段階のアイデアを共有するときなどに適しています。

suggest“は、話し手が相手に対して柔軟性を示したいときに特に有用です。”I suggest we meet earlier to discuss this further”といった使い方ができます。この例では、提案は強制ではなく、さらなる議論を促すためのものです。

recommend

recommend“は、経験や専門知識に基づいて、特定の行動や選択を強く勧める際に使用されます。

この単語は、提案が信頼性の高い情報や個人的な経験に基づいていることを示し、相手に対してその提案を受け入れるよう積極的に促します。

recommend“は、レストランや映画の推薦、仕事上のアドバイス提供など、さまざまな文脈で使用されます。例えば、”I highly recommend the new Italian restaurant downtown”のように使われ、話し手のポジティブな経験を基にしています。

advise

advise“は、専門的な意見やアドバイスを提供する際に使われる単語で、しばしば公式または半公式の文脈で用いられます。

この単語は、話し手が専門知識を持ち、リスク回避や最適な行動を推奨している場合に特に適しています。

“advise”は、法律や医療のアドバイス、ビジネスの決定に関する推奨など、相手に対して特定の行動を慎重に考慮するよう促す場合に使用されます。”I advise you to check the contract details carefully”は、注意深く行動することの重要性を強調しています。

提案する場面別フレーズ集

提案する場面ごとに適したフレーズを使うことで、ビジネスから日常会話まで幅広いシチュエーションで効果的にコミュニケーションを図ることができます。ここでは、特に英語で提案する際に役立つ表現を、シーン別に紹介します。

ビジネスシーン

会議での提案

積極的に提案する:I propose that we… / We should…

会議で積極的に提案する際は、自信を持って自分の意見を述べることが重要です。「I propose that we…」「We should…」といった表現は、具体的なアクションを提案する際に適しています。

控えめに提案する

一方、提案を控えめに伝えたい場合は、「How about…」「I wonder if we could…」というフレーズを用いると良いでしょう。

意見を尋ねる

意見を尋ねる際には、「What do you think about…」「Does anyone have any suggestions?」を使うことで、会議参加者の意見や提案を引き出すことが可能です。

クライアントへの提案

提案書の作成

クライアントへ提案書を提出する際には、「Proposal for…」という表現を使って、提案の目的を明確に示します。

プレゼンテーション

プレゼンテーションでは、「I would like to propose…」「We believe that…」を使用し、提案の内容を信頼感を持って伝えることができます。

上司への提案

新しいアイデア

新しいアイデアを上司に提案する際には、「I have an idea for…」「I think we could improve…」、などのフレーズが役立ちます。これらの表現を用いることで、自分の考えを尊重してもらいやすく、提案が受け入れられる可能性を高めることができます。

問題解決策

問題解決策を提案するには「I have a solution for…」「I would like to suggest…」、のようなフレーズが使えます。

日常会話

友人との計画

友人との計画を立てる際には、「What do you want to do…」「How about we…」「Why don’t we…」を使って提案します。「Let’s…」「What do you think about…」という表現も、グループ内でのアクティビティ提案に適しています。

食事や買い物

食事や買い物に行く際の提案は、「I’m hungry. What do you want to eat…」「Where do you want to go…」で始めることができます。「I think we should…」「How about we…」を用いることで、具体的な提案を行うことが可能です。

その他

その他の日常的なシチュエーションで提案をする際には、「I have an idea…」「I think you should…」「What if we…」といったフレーズが有効です。これらを使うことで、柔軟にアイデアを提案し、相手の意見や感情を尊重する姿勢を示すことができます。

提案に対する返答の仕方

提案に対する適切な返答は、コミュニケーションを円滑にし、相手との関係を良好に保つ上で重要です。以下では、提案を受け入れる、提案を断る、提案について質問する場合のフレーズを紹介します。これらのフレーズはビジネスシーンはもちろん、日常会話においても役立ちます。

提案を受け入れる

提案を肯定的に受け入れる際は、相手の意見やアイデアを価値あるものと認める表現を使います。

「That’s a great idea!」は相手の提案が素晴らしいと評価するとき、「I agree with you.」は相手の意見に同意するとき、「I’d love to.」は提案された活動に積極的な意欲を示すときに適しています。

これらのフレーズを用いることで、肯定的な反応を伝え、コミュニケーションを建設的に進めることができます。

提案を断る

提案を断る際は、その理由を丁寧に伝えることが重要です。

「I’m afraid I can’t.」は、できないことを悔やみながら断る場合、「That’s not a good idea.」は提案が適切でないと感じる場合、「I’m not sure about that.」は提案に対して確信が持てない、もしくは懸念がある場合に使います。

これらのフレーズを使うことで、相手に対する敬意を保ちつつ、自分の立場を明確に伝えることが可能です。

提案について質問する

提案の内容が明確でない場合や、さらに詳細な情報が必要な場合は、質問を投げかけることが有効です。

「What do you mean by…」は提案の意図や内容について明確化を求めるとき、「Could you explain more about…」は提案の詳細や背景について深く理解したいとき、「What would happen if…」は提案を実行した場合の結果や影響について考察を求めるときに適しています。

質問を通じて、提案の内容を深く理解することで、より具体的かつ建設的なフィードバックが可能になります。

提案を成功させるためのポイント

提案を成功させるためには、相手の立場や考えを尊重し、明確かつ簡潔に伝えることが重要です。また、自信を持って話し、相手の反応に柔軟に対応する必要があります。

相手の立場や考えを尊重する

提案を受け入れてもらうためには、まず相手の立場や考えを理解し尊重することが不可欠です。

このアプローチは、相手に敬意を示し、信頼関係を築く基盤となります。

例えば、「I understand where you’re coming from, but have you considered…?」(あなたの言い分は理解できますが、…は考えましたか?)というフレーズは、相手の意見を尊重しつつ、新たな提案をする際に有効です。

明確かつ簡潔に伝える

提案の内容を明確かつ簡潔に伝えることは、相手に理解されやすく、説得力を持たせるために重要です。

長々とした説明は避け、「What I’m suggesting is…」(私が提案したいのは…)や「In short, …」(要するに…)といったフレーズを使って、ポイントを絞り込んで伝えましょう。

自信を持って話す

自信を持って提案することは、相手にポジティブな印象を与え、提案の成功率を高めます。

「I firmly believe that…」(私は強く信じています…)や「I’m confident that…」(私は自信を持っています…)といったフレーズは、自信を示しつつ提案を伝えるのに役立ちます。

相手の反応に柔軟に対応する

提案に対する相手の反応は様々です。受け入れられることもあれば、反対意見や質問が出ることもあります。

こうした状況に柔軟に対応するためには、「That’s a valid point, but…」(それは妥当な指摘ですが…)や「How about we consider…?」(…はどうでしょうか?)といったフレーズが有効です。これらは相手の意見を受け止めつつ、提案を前進させる方法を示します。

まとめ

英語で提案することは、相手とのコミュニケーションにおいて重要なスキルです。このガイドを参考に、場面や状況に合わせた適切なフレーズを使い、自信を持ってアイデアを伝えてください。

最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!Bizmates初心者パッケージが今なら初月50%OFF
詳細はコチラ
最短2ヵ月でビジネス英会話の基礎をマスター!
詳細はコチラ